歌舞伎に初めて行く方のための歌舞伎座のランチ情報についてご紹介しましょう。午前の部の場合、歌舞伎座開場は通常10時半。開演は11時です。歌舞伎座内で食べることもできますし、持ち込みも可能です。

歌舞伎座内お食事処

1階 桟敷席
こちらは、桟敷席のチケットを持っている人のみが事前の予約ができます。食事の幕間までに座席に届けてくれます。お茶のサービスもあり、食事が終われば係員が器を下げてくれます。
桟敷幕の内:3800円
桟敷寿司:3800円
予約03-3545-6820

2階 お食事処 鳳 
要予約
kabukiranti1

2階鳳


落ち着いた雰囲気で食べることができます。
季節のごちそう膳:4000円(20食限定)
※ビール日本酒あり。

 
3階 吉兆 
kabukiranti3

3階 静かな佇まいの吉兆

月替わりの松花堂弁当(お椀、ご飯、果物):6500円

高級な料亭のお弁当をゆったりとしたお席でいただくことができます。けれども、どんなにゆったりといただきたくても幕間時間は30分。

歌舞伎ツウの方の「この一幕は観なくてもいいわ、こちらでゆっくりとしていましょう」なんて利用の仕方ならぜひおすすめですが、歌舞伎初心者や親子連れが「歌舞伎も見たい。吉兆にも行ってみたい」と欲張っては、両方の良さを堪能できないかもしれませんね。
予約 03-3542-2450

3階 花篭 ※要予約
kabukiranti2

2階花篭

さまざまなメニューがさっと出てくるお食事処。幕の内弁当、お寿司からうな重まで2000円前後から4000円くらい。ビール日本酒もありますが、食後の眠気にご用心。
予約 03-3545-6820

 
1階 喫茶室檜
kabukiranti8

1階檜


サンドイッチや食べるスープなどの軽食やスイーツを食べることができます。大倉陶園の器を使って本格的に淹れたコーヒーを楽しむことができます。コーヒーとスイーツで眠気を撃退しましょう!

 
では、次のページでは、持ち込む場合の調達場所についてご案内をします。