イヤホンガイドを知っていますか?歌舞伎座、国立劇場などで、歌舞伎や文楽を観ながら、あらすじや背景、俳優の紹介、衣装などについてタイミングよく解説が聞ける小さな機器のことです。

比較的「通」の人たちは「そんなものいらない」と、イヤホンガイドを使わない傾向があります。理由としては、五感を駆使して歌舞伎を味わっているところに、ごちゃごちゃとうるさい解説必要なしといったところでしょうか。

一方、初心者の方も「チケット代の上、さらにお金がかかるのか」とお財布を覗いてケチ根性が働くこともあるのでは。

今回、イヤホンガイドを使ってみて、結論から申し上げれば「とてもオススメ。通の人も使っている。全然恥ずかしくないし、むしろ歌舞伎を楽しむアイテムとして必須!」ということがわかりました。

ぜひみなさんにも借りることをオススメしたいと思います。


まずはイヤホンガイドを使ってみよう

iyahongaido1

機器も操作しやすく、邪魔にもならない

イヤホンガイドを借りるには、むずかしいことはありません。

当日劇場のイヤホンガイド貸出所で借ります。通常700円プラス保証金1000円がかかりますが、1000円は返却時にもどります。

※国立劇場と、大阪の国立文楽劇場には英語版もあります。歌舞伎座は、2013年にリニューアルしてからは英語版字幕ガイドがあるため、英語版イヤホンガイドはありません。

耳に当ててみると、開演前からすでに解説は始まり、本日のみどころなどを聞けるのでとっても得な気分です。

演目が始まり、役者が出てくればすかさず屋号、役者の名前を教えてくれます。初めての歌舞伎では「あの有名な役者を観たかったのに、白塗りで誰が誰だか全然わからなかった」ということもありがちですが、その心配も無用。


なぜ?絶妙のタイミングの解説

解説が丁寧であることは、ある程度推測されることでしたが、使ってみて驚いたのはその解説のタイミングの絶妙なことでした。

ベラベラとのべつまくなし耳障りに解説がはいってくるわけではありません。「ここは静かに聞かせて欲しい」と思うところでは間をとってくれます(とは言いつつも、さりげなく見所などはきっちり押さえてくれます)。

まるで隣の席に専門家がいて、自分だけのために、横でポソポソと囁いてくれているかのよう。一体イヤホンガイドの仕組みとはどうなっているのでしょうか。もしや解説者は、この劇場内にいるのでしょうか?

大いに気になったので、さっそくイヤホンガイドの会社に取材に行ってきました。