中国三国志を巡る旅プラン

(C)ふれあい中国

河北省の桃園の劉備・関羽・張飛の像
(C)ふれあい中国

中国の三国時代を描いた『三国志』。この歴史本の日本での人気は圧倒的で、世代を超えて多くの人々に読まれ続けています。というのも、一般的なブームが“一過性”なのに比べ、三国志は、江戸時代に初の日本語訳『通俗三国志』が刊行されてから今日まで、小説、絵本など数々の書籍が発表されてきました。

戦後も、大ヒットした吉川英治の小説『三国志』(1939年)をかわきりに、横山光輝の漫画『三国志』(1971年)、NHKの『人形劇三国志』(1982年)、コーエーのゲームソフト『三國志』(1985年)、李學仁・王欣太の『蒼天航路』(1994年)、宮城谷昌光の小説『三国志』(2004年~)など、三国志をテーマとした幅広いジャンルのエンタメが次々と世に送り出されています。

そして2008年、三国志のクライマックス“赤壁の戦い”を描いた中国映画『レッドクリフ』が公開されてからは、中国国内でも三国志が大ブームとなり、大河ドラマ『三国演義』(2010年)、関羽を描いた映画『関雲長』(2011年)と巨額を投じた大型の作品が作られています。それに伴って、三国志遺跡の整備やテーマパークの増設が進められ、各旅行社もこぞって三国志をテーマとしたツアーを組むようになりました。今まさに、三国志遺跡の巡り時! お気に入りの書籍を手に、武将たちの軌跡をたどってみてください。

三国志の遺跡

三国志

三国志の勢力図。時代によってその勢力範囲は変化を見せる

三国志関係の遺跡は、中国全国の広範囲に渡って無数に点在。その数は数百箇所、今後開発が進むにつれて、更に増えることが予想されます。三国志ファンならば、そのすべてを制覇したい!というのが心情でしょうが、それにはあまりにも膨大な時間がかかってしまいます。そこで、必見スポットが集中している「湖北省」、「四川省」、「陝西省」、「山東省」の4つのエリアにまとを絞って紹介します。ここで紹介している遺跡の中には、アクセスが難しいものもありますが、最近は「ふれあい中国」などの旅行社が三国志の遺跡に特化したツアーを組んでいるので、利用してみてください!