コカ茶(ペルー・ボリビア)

ティーバッグのコカ茶もあるがお土産に買うのはご法度!

ティーバッグのコカ茶もあるがお土産に買うのはご法度!

コカ茶はペルーやボリビアなどのアンデス周辺の国で飲まれているお茶でコカの葉を原料としています。名前のとおり、コカはコカインの原料にもなっているため、日本への持ち込みは厳禁。といっても現地では広く飲まれており、通常の量を飲むぶんには問題ありません。

現地ではカップに直接コカの葉を入れ、熱湯を注いで飲みます。少し青臭いですが、クセは強くなくあっさり。なかにはコカの葉をガムのように噛んでいる人もいます。疲労回復にも効果があるといわれ、旅行者に耳寄りな効能なら高山病対策。ペルーは標高の高い土地が多く、高山病になる人も多いのですが、多くのホテルでは常備してある酸素ボンベを使わせてくれたり、コカ茶を出してくれたりします。

 

ミントティー(モロッコ)

ミントティーを嗜むオジサマたちのなかには「本当に酔っぱらっている!?」と聞きたくなるくらいテンションが高い人も

ミントティーを嗜むオジサマたちのなかには「本当に酔っぱらっている!?」と聞きたくなるくらいテンションが高い人も

モロッコで毎日のように飲まれているのが、ミントティー。中国の緑茶にフレッシュミントと砂糖を加えたもので、現地では「アッツァイ」と呼ばれています。ポットに緑茶、フレッシュミント、砂糖を入れて、熱湯を加えます。茶葉が開いたらグラスに注ぐのですが、このときなるべく高いところから注ぐのが本場流。たっぷり砂糖を入れていただきます。

このミントティー、モロッコではモロカンウイスキーとか、ベルベルウイスキーなんて呼ばれたりもします。モロッコはイスラム教徒が多く、お酒を飲む習慣が浸透していないので、お茶がウイスキーがわり……といったところなのでしょう。ちなみにベルベルとはモロッコを含めた北アフリカの広い地域に昔から住んでいる人々(ベルベル人)を指します。

 

ルイボスティー(南アフリカ共和国)

パッケージのデザインもキュートなティーバッグのルイボスティー

パッケージのデザインもキュートなティーバッグのルイボスティー

ルイボスと呼ばれるマメ科の針葉樹を使ったノンカフェインのお茶。南アフリカは西ケープ州のセダーバーグという地域が産地です。最近はその高い健康効果により各国で注目を集めていますが、地元では不老長寿のお茶として古くから飲まれてきました。人によっては薬のような匂いがすると感じる人もいるようですが、苦みや渋みもなく結構何にでも合わせられるテイスト。スーパーにはさまざまなメーカーのティーバッグが売られており、値段も手ごろなのでお土産にも最適です。

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。