『紅の豚』の舞台、ダルマチア海岸

ドブロブニクとダルマチアの島々

ドブロブニクとダルマチアの島々。ダルマチアにはドブロブニク、スプリット、トロギール、シベニク、スタリー・グラード(フヴァル島)と、数々の世界遺産が散在する

ドブロブニクの話に入る前に、『紅の豚』の舞台となったダルマチア海岸を紹介しておこう。クロアチアのアドリア海沿岸はダルマチア地方と呼ばれている。『紅の豚』でも島々が点々と連なる美しい景色が描き出されていたが、海岸と島々が平行に並んだ景観は「ダルマチア式」と呼ばれ、この地域特有の絶景となっている(海岸と島々が垂直に並ぶと「リアス式」になる)。

オススメはドブロブニクからスプリット、あるいはスプリットからさらに北上していくフェリーの旅。ポルコが真紅の愛機サボイアで島々の上空を飛んだように、船は島々の間を縫って進む。ジーナの店、ホテル・アドリアーノのように、家1軒が建っている小島なんてのもあったりするから驚きだ。

ダルマチアを彩るドブロブニク、スプリット、シベニク、トロギール、スタリー・グラードといった古都はいずれも世界遺産だし、ビーチに森に山に断崖絶壁、古都に村に漁村にリゾート地と見所は無数。数百もある島々から美しい島を見つけ出して滞在してみるなんていう贅沢な旅がオススメだ。

自由を守り通した千年の都、ドブロブニク

プラツァ通りと時計塔

中央のメインストリートがプラツァ通り、奥の塔が時計塔。城壁からの眺め

ロブリエナッツ要塞の入り口にある石にはこう刻まれている。「世界中の黄金をもってしても自由は売らず」。

現在のドブロブニクはもともと小島。7世紀に戦争に追われたローマ人がここに移り住み、城砦を築いてラグーザと呼ばれる城郭都市を造り上げた。12世紀にはスラブ人が対岸に暮らすようになり、街はオーク(ドブ)にちなんでドブロブニクというスラブ語名で呼ばれるようになった。
海洋都市国家ドブロブニクに支えた港

地中海交易で栄えた海洋都市国家ドブロブニクを支えた港

ドブロブニクは地中海交易によって発展し、小島と対岸を結ぶ海峡も埋め立てて急速に拡大した。城砦はどんな攻撃にも耐えられるほど堅牢になったが、これは「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれるバルカン半島で生き抜くため。

ビザンツ帝国、ヴェネツィア、ハンガリー王国、オスマン帝国と、この地を支配する宗主国は次々と変わったが、巧みな外交と強固な城壁によって都市国家としての自治を守りつづけ、モットーである「リベルタス(自由)」を売ることはなかった。