拍手の中、新人公演の幕が下りると、ファンの方々は「新公が終わった……」という気持ちになるでしょう。ところが出演者たちは、まだそんな気分にはなれないものです。翌朝、本公演の開演前には、衣装の点検を再度しなくてはなりません。その後には衣装をお借りした挨拶が待っています。

本公演が始まっても、まだ気になります。本役さんがつつがなく舞台に立っているか……。つまり、お借りした衣装に、何か支障がなかったか……。

新公出演者たちにとって「新公が終わった……」と素直に思えるのは、翌日の本公演が終わった後かもしれませんね。



10月11日発行のメールマガジンでも、新公のお話を。
ご登録がまだの方はこちら!→

関連ガイド記事・コラム
「新人公演 Part1 新人公演ってどんな公演?」
「新人公演 Part2 新人公演のお稽古って?」
「新人公演 Part3 新人公演の衣装 その1」
「新人公演 Part4 新人公演の衣装 その2」


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で宝塚のCD・DVDを見る

Amazonで宝塚のDVDを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。