急がば回れ。詰め込み教育よりも大事なこと

ジンボリー
子どもたちのペースで、焦らず、楽しく子育てを
子どもの将来を考えると、少しでもいい習い事を、少しでもいい塾へ、いい学校へと考えるのが親心。ですが、今は大変不安定な世の中であり、今日と同じ価値観が10年後にも受け入れられるとは限りません。そんな世の中を生きていく子どもたちに、本当の意味で生きる力をつけてあげるにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは子ども自身が目の前の課題を楽しみ、積極的に乗り越えて自信をつけていくサイクルを繰り返し体験すること。そういった自信を子どものうちに身につけた子どもは、どんな社会の変化が起こっても前向きに対応していける力=生きる力を持つ大人に成長していくのです。

急がば回れ。人間の基礎を作る大切な乳幼児期にこそ、未来への基盤を育んであげませんか? 親子で過ごす幸せな時間は、子どものセルフイメージを高める礎になること、間違いなしです。


【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。