そろそろ、子どものオムツをはずして、パンツにしてみたい!トイレトレーニングを始めよう!と思ってるママさんいませんか? 実は我が家も今年こそははずそうかな!?と思ってるところです。

トイレトレーニングを始める目安

ベビーレーベル おまるでステップ
子どもの様子を見ながら始めましょう
まずは、お子さんがトイレトレーニングを始める時期にきているか、簡単にチェックしてみましょう。

  1. 歩けますか?
  2. おしっこの間隔が2時間以上開くようになってきてますか?
  3. 言葉や動作で自分の意志をで伝えることができていますか?

この3項目をクリアしていれば、進めていきましょう。

もし、周囲からの声(特におばあちゃんかな?)で、焦ってトイレトレーニングを始めようと思っているのであれば、それはやめたほうがいいですよ。焦ると失敗に対して寛大でいられなくなってしまう恐れも。そして、イライラする親を見て、子どもはトイレがストレスになってしまいます。

そうなってしまったら、トイレトレーニングは時間だけが過ぎていきます。そしてイライラは倍増!

昔と今では考え方が変わってきています。特に「オムツはずし」に関して、昔は気が早い! 2歳のお誕生日が来たら取れてて当然だ!1歳で取れる子もいる!といった感じで言われることも多いのでは?

しかし、研究が進むにつれて、膀胱の成長の速度にはそれぞれ個人差があり、全く異なる!ということがわかってきました。膀胱の成長に違いがあれば、トイレトレーニングの時期だって違いがあって当然だと思いませんか?

トイレトレーニングの始め方

トイレトレーニングは、おしっこの出る感覚を覚えさせるというよりは、おしっこの出る音を聞く、目で見るということから始まります。そして、出てることを実感する……というところに至ります。

例えば、ママのトイレについて行く。おしっこの出る音が聞こえて、「おしっこ出ているの?」とまず聴覚で感じる。でも、なかなかママが出してるところは見れませんよね。見せません……かな?(笑)。そして、ママの様子を見て、「ボクも(アタシも)やってみようかな!?」とトイレに座ってみる。タイミングよくおしっこに会えた!

「ジャーって音がして、こうやっておしっこは出てくるんだ!」とわかる。そうして、ようやくトイレとおしっこの共通項がわかってくるのです。