待望の「普遍的な細身」、出ました!

Master Lloyd
ロイドフットウェアの最上級グレード”Master Lloyd”の内羽根式フルブローグ。ウィズがEからDになったことで細面にはなりましたが、生真面目そのものの顔立ちは全く変わりませんよ!


お陰さまで、このガイドサイトに関しての感想等を耳にする機会が増えてまいりました。個々の記事に関するご感想やご意見もさることながら、中には「どうしてこの靴を採り上げないの?」とか「少しでも早くこのお店を紹介していただきたい!」等、紹介記事に対する大変アツいリクエストも寄せていただけており、感謝の限りです。ただそのご要望、不思議なことに「ある一店」にかなり集中しておりまして、これは奇跡、いや当然か…… 今回はその「ある一店」、日本におけるイギリス靴好きの母なる大地「ロイドフットウェア銀座」を訪れ、新たなモデルやお店の魅力など、思う存分語らせていただきます!

まずはこのお店が誇る最上級グレード、「マスターロイド(Master Lloyd)」の薄茶色が目に鮮やかな新モデルから。一見、すっかり定番になっている内羽根式フルブローグと全く変わらないように思えますが…… 一体、どこが、変わったのでしょうか? 上の写真だけをヒントとすると、少々難問かな?

実はこのモデル、木型のウィズ(足囲)を従来のものから変更したのです。日本人男性の足の形が近年細身に変化していること、さらには足囲に関してユル目であるよりタイト目な方が履き心地が良いという認識が徐々に定着しつつあることに対応し、木型の基本設計自体は変えていないものの、足囲を従来のEウィズからDウィズに一段階細めたのです。

その度合いは、下の写真をご覧頂くと一目瞭然です。向かって右側のEウィズの従来のモデルに比べ、向かって左側のDウィズのモデルは、甲の幅・高さ共にかなり狭く・低くなっていますよね。数字にするとどちらも僅か数ミリ程度の違いですが、見栄えは随分スリムになります。ただ、木型を丸ごと変え無闇にロングノーズ化するなどの流行追随は断じて行わず、普遍妥当的な様式美は徹底的に守り抜いてくれました。今時珍しいこの筋を通した姿勢こそ、このお店のこのお店たる所以。アツいファンが多いのも納得です。

因みに従来のモデルとは、メダリオンの模様やブローギングの位置などのデザインパターンも、極々僅かに変えています。どうもこのモデルのために、イギリスの製造元がデザインパターンをわざわざ新たに描き起こしてくれたらしい…… 製造元の名前が表には出ず、あくまで”Lloyd Footwear”の名で売られる靴であるにもかかわらず、そこまで協力してくれること自体、このお店が顧客からだけでなく製造元からも高い信頼を集めている、何よりもの証拠です。

なお、マスターロイドのDウィズ版は、このモデルの他にも、フォーマルプレーントウ(当然黒のみ)、ホールカットプレーントウ(黒・チェスナット)ストレートチップ(黒のみ)、パンチドキャップトウ(黒・タン。以上ここまで全て内羽根式)、さらにはチャッカブーツ(黒・タン)など充実したラインナップです。
「足に合わない靴は売りません」
を合言葉に、商売よりもフィッティング重視の謙虚な姿勢が昔から徹底しているこの店らしく、従来のEウィズモデルも嬉しいことに継続販売されていますので、どちらの方がより自分の足に合うか、じっくりチェックして選ばれて下さい。

【Lloyd Footwear/Master Lloyd内羽根式フルブローグ】
■色・素材 : タン(薄茶)・バーガンディ。共にカーフ・スムースレザー
■サイズ : UK5 ハーフ~9 Dウィズ
■価格 : 67,200(税込み)

DウィズとEウィズの比較
ほぼ同じスタイルの同一レングスの靴での比較です。向かって左がDウィズ、向かって右がEウィズ。高さも幅も随分異なるのがお解かりいただけると思います。




次のページも、実は新モデルです! どこが新しくなったのかな?