これだけは守りたい3つの香水マナー


<マナー1> 香水をつけすぎないように注意する

香水をつけるとき、自分ではあまり匂わないと言ってついつい多くつけすぎてしまう人がいる。しかし、そんな時は自分で匂わなくても香りはまわりに行き届いていることを覚えておこう。むしろ自分でよく匂うようであれば周囲の人には匂いすぎている可能性がある。香水の匂いをプンプンさせるのは他人に不快な印象を与えるので要注意だ。

<マナー2> 香りのふさわしくない場所では控えること
レストランで香水をつけるのはできるだけ控えたほうがよい。もしつける場合はウエストがいいだろう。ほんのりと香るからだ。バーなどの酒の席ではつけても大丈夫。


生活のシーンでは香水をつけないほうがいい場合もある。例えば、お葬式や病気の人を見舞う場合は控えるべきだ。また、レストランで食事をする時もできるだけつけないほうがいい。もしつける場合は、ほのかに香るくらいにとどめておきたい。しかし、バーなどで酒をたしなむときは大丈夫。香りが雰囲気を盛り上げてくれたりする。あと、僕の経験で困ったのは、飛行機の中で香水の匂いをプンプンさせた人が隣に座ったときだ。長時間の旅で逃げ場もなく、そんな人に限って何回も化粧室に香水をつけ直しに行ったりするからたまったものではない。閉所の場所でも香水をつけすぎないよう注意しよう。

<マナー3> 清潔な肌につけること-汗が多く、体臭の強い箇所にはつけない

読者の中で、自分のわきの臭いや汗臭さを隠すために香水をふりかけたことがある人は多いと思う。しかし、それは香水の使い方で男性が犯す一番の間違い。香水には臭いを抑えるデオドラント効果はない。だから、汗をかいた首筋やわきの下などにつけては絶対にダメなのだ!汗の臭いや体臭と混じってとんでもない悪臭を放つ原因となり、周囲の迷惑になってしまう。香水を身につけるときは、事前にシャワーを浴びて肌を清潔にすること。それができない場合は、最低でもつける場所の汗をよく拭きとってからつけるようにしよう。

次のページでは、香水の正しいつけ方を解説する。


【関連記事】
なぜ身だしなみが必要なのか? 「大人のイイ男」の条件
女性のためのバレンタインギフト攻略法 男を喜ばすギフトとは?

■最新記事
ニューヨーク流 バレンタインは男が女に愛を告白する!

■香水・フレグランス
男も香りを愉しもう!失敗しない、男の香水選びのコツ
日本人の男に似合う香りはこれだ!メンズフレグランスBEST5

■デオドラント・ニオイ
男はクサイ!?女が男の体臭を不快に感じる理由とは?
もう女性にクサイとは言わせない!男のニオイ完全予防法