【目次】  ・オルタネイトストライプ
 ・ピンストライプ
 ・チョークストライプ
 ・ペンシルストライプ  

ストライプスーツのおすすめポイント

 
ストライプの服地
基本はネイビーのストライプ服地。エドウィンウッドハウスのDIGNITY。かなり高品質の服地です。撮影協力/羊屋。


はじめて買うスーツはたいてい無地だろう。電車の中でビジネスマンを見てもやはり無地が多い。

もちろん無地一筋というのもいいが、たまにはストライプのスーツを着てみるのも気持ちが変わっていいものだ。

ストライプスーツは無地のスーツに比べて、洗練された雰囲気が漂い、着ている人をワンランク上のステージに引き上げてくれるような気がする。

もちろんスーツの仕立てのグレードや形、服地の色、ストライプの太さや間隔、色によっても雰囲気は異なるから、アップグレードの差はあると思うが。

既製品のなかからお気に入りの似合うものを見つけられれば理想なのだが、探してもない場合は服地を選べるパターンオーダーやフルオーダーがおすすめ。

多くのバンチ(生地見本帳)から選べるので、似合うものを見つけやすい。
 

ベースとなる色はネイビーとグレーが基本

 
ストライプの服地
少し明るめのグレーにピンストライプが入った春夏向けの服地。ジョンスォスター。撮影協力/アルデックス。

ストライプスーツも無地のスーツと同様にベースとなる色は、やはりネイビーとグレーだ。

グレーよりもネイビーのほうが、そして色が濃くなるほどドレッシーな雰囲気になる。

たとえばお堅い仕事の人はネイビーでも濃いめのほうが最適だし、自由業に近い人はライトグレー地のストライプスーツでもかまわないだろう。

また、春夏用なら少し明るめのグレーのストライプというのも清涼感があっておすすめ。

似合う、似合わないということも大切だが、職業を踏まえた上で、どう自分を見せたいのかを考えて慎重に選んでほしい。

次のページは、「ストライプの種類」です