ニットタイに合うオリエンタルノットの結び方

オリエンタルノットの結び方をマスターしましょう

オリエンタルノットの結び方をマスターしましょう


カジュアルタイドアップに最適なニットタイですが、最近ではドレススタイル全般的にカジュアル化しているということもあり、ビジネススタイルに合わせても違和感はありません。

しかし、いつものシルクタイに比べて、どうしてもノットが大きくなってしまうことがありませんか? ニットタイは普通のタイより生地が厚手なので、たとえ剣幅が細いものでも結び目が大きくなりがちです。プレーンノットで上手にボリュームを抑えながら結ぶのがコツなのですが、初心者には難しいですよね。

そこで、簡単に誰でもニットタイを小さく結べる「オリエンタルノット」をご紹介しましょう。
   

オリエンタルノットの結び方1:タイは裏向きでシャツ衿に通す

ニットタイ
 

一般的にタイを結ぶときは、大剣も小剣も表になるようにシャツの衿に通しますが、オリエンタルノットは裏を向けて通します。プレーンノットより大剣と小剣の差を必要としないので、最後に小剣を引き寸をあまり多く取る必要はありません。結びはじめに大剣と小剣をクロスするとき、大剣の上に小剣を重ねます。プレーンノットと逆ですね。
 

オリエンタルノットの結び方2:剣先を反対側に回したら、ループに

ニットタイ
 
小剣を固定したまま、大剣を小剣に折り重ねるように巻き付けます。ここで小剣を山折りにしてもOKです。プレーンノットなら剣先をぐるりと回して小剣に巻きつけますが、オリエンタルノットは、このまま大剣先を首元のループに下から差し入れて抜き出します。
 

オリエンタルノットの結び方3:小剣に大剣を結びつける要領で

ニットタイ
 
小剣に巻き付けた大剣の輪の中に、大剣先を通して、下に引き抜きます。つまり、小剣に大剣を1回結びつける要領ですね。ここでディンプルを作って、形を整えておきます。プレーンノットより小剣に引き寸が少ないので、いつもより長めに組むのがコツです。
 

オリエンタルノットの結び方4:こんなに小さくノットが結べました。

ニットタイ
 
小剣を引いて衿羽根に収めたらたら完成です。一回結びなのでノットに使う生地量が少ないため、ニットタイなのにキュッっと小さく結べているでしょ。

いかがですか? オリエンタルノットは最小の手順でタイを結ぶため、ノットに使う生地の量が少なく小さく結べるのです。始めのうちはノットの形を整えるのに苦労するかもしれませんが、慣れるとシルクタイでも上手に結べるようになります。

ただし、プレーンノットは、小剣を引いてほどくと、大剣がするりとほぐれますが、オリエンタルノットはノットが結んだままなので、解きにくいと感じるかも。ぎゅっと結んでしまって、ノットが固結びになってしまわないようにご注意を。ともあれ、この結び方をマスターしておけば、カジュアルにもスーツにも対応できます。個人的にもニットタイは大好きなので、もっと多くの人にニットタイが活用されると嬉しいですね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。