ストライプのネクタイをしたときは、スーツもシャツも無地が基本


着こなし上手なテーラー
LID TAILORの根本修さん。ストライプのネクタイを着用しているときは、スーツとシャツは無地が基本。ボタンダウンのロール感もいいですね~。ポケットチーフはティービーフォールド。

雑誌などではパターン・オン・パターンの高度なテクニックをいとも簡単に紹介しているが、よく見ると変だったりする(苦笑)。

遠くから無地に見えるストライプスーツは問題ないが、派手なストライプスーツの場合、素直に無地か小紋のネクタイを合わせたほうがいい。

着こなし上手なテーラー
テーラー・ケイドの長谷井孝紀さん。着ているのはブレザーかジャケットですね。やはりジャケットもシャツも無地なのでストライプのネクタイでもうるさくないですね。とてもエレガントです。ポケットチーフの挿し方はトライアングラー。

このパターン・オン・パターンの組み合わせはウィンザー公が有名だが、ビジネスマンが真似をする必要はない。むしろ往年の俳優ケイリー・グラントの着こなしを学ぶべきだ。

彼は無地のシャツとネクタイの組み合わせが多く、その端正な着こなしは勉強になる。今の時代には面白みに欠けるかもしれないが、やはり基本は大切だ。

その後、覚えるべきこと


素材の組み合わせやネクタイの結び方、パンツの丈や折り返しの幅、ソックスの色と素材のこと。

さらにスーツと靴の組み合わせなど、まあ~、ほんと覚えることがたくさんある(笑)。機会を見つけて紹介しますね。

[関連リンク]
サローネ オンダータの水落卓宏さんの記事はこちら

Vick tailorの近藤卓也さんの記事はこちら

LID TAILORの根本修さんの記事はこちら

テーラー・ケイド(長谷井孝紀さん)の記事はこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。