昔のシャツの胸囲ってどれくらい?


'90年代製エーボン・ハウス
'90年代の初め頃に購入したと思われるエーボン・ハウス。同社のドレスシャツは何枚か持っていたが、身頃が大きかったと記憶する。
誰でもそうだと思うが、昔着たシャツは古くなってもなかなか捨てられるものではない。

じゃあ今でも着るかといえば箪笥の肥やしになっているものが多く、まことに気の毒である。

なかには買ったけれど一度も袖を通していないデッドストックもあったりする。


'90年代後期製アリストクラティコ
'90年代の終わりか2000年頃に購入したアリストクラティコ。珍しいバーニーズとのWネームだ。ここのシャツは作りがよく、とても気に入っている。身頃もわりとタイトフィットだ。
そんなシャツへのレクイエムのつもりで今回の特集を思い立った。

あと、なぜ着なくなったのかと考えたときに、ちょっとオーバーサイズのような気がするのだ。いわゆるルーズフィットですね。ネックサイズも袖丈も合っているのに身頃がダブついている感じがする。


先日、この夏に買ったスキャッティ・オークのコンブリオを素肌に着る機会があった。それがなんとも気持ちがいいのである。

朱子織と思われる柔らかな生地のせいもあるが、身頃、とくに胸囲とアームホール付近のフィット感がいいのだ。測ってみると胸囲104cm!

'90年代後期製フェアファクス コレクティブ
'90年代の終わりから2000年頃に購入したフェアファクス コレクティブ。お気に入りブランドのひとつ。現行品は知らないが、わりと衿腰が高く、しっかり芯が入っている。生地も高品質だ。
そんなこともあって箪笥に眠っているシャツ、とくにドレスシャツを中心に取り出し、胸囲を測ってみた。

ちなみにボクのネックサイズは39cm~40cmで、裸の胸囲は90cm。まあ、平均的なサイズだ。


’80年代~現在までのシャツ胸囲一覧


スキャッティ・オーク コンブリオ/’80年代中期製。ネックサイズ39cm。 胸囲118cm
J・プレス/’90年代後期製。M。 118 cm
エーボン・ハウス/’90年代前期製。39cm。 117cm
エーボン・ハウス/’80年代後期製。M。 116cm
フェアファクス コレクティブ/’90年代後期製。40cm。 114cm
アリストクラティコ(バーニーズ)/’90年代後期製。M。 114cm
無印良品 オックスフォード地のボタンダウン/2000年頃製。M。 114cm
ギ・ローバー(シップス)/’90年代後期製。39cm。 114cm
ヒルディッチ&キー(ライセンス)/’90年代中期製。40cm。 112cm
ランバン(ライセンス)/’90年代中期製。39cm。 112cm
テイジンメンズショップ オリジナル/’80年代中期製。39cm。 110cm
フェアファクス コレクティブ/’90年代後期製。40cm。 110cm
アリストクラティコ(バーニーズ)/’90年代後期製。39cm。 110cm
スキャッティ・オーク コンブリオ/’04年春夏製。39cm。 104cm
谷シャツ(フルオーダー)/’90年代中期製。約39cm。 104cm
ターンブル&アッサー(フルオーダー)/’93年製。約39cm。 98cm

'80年代中期製テイジンメンズショップ オリジナル
'80年代の半ばに吉祥寺パルコのテイメンで購入。ちなみにエジプト綿のレギュラーカラーで、衿腰も低く3cm。衿芯もなく大好きな一枚。
この結果から、タイトフィットと呼びたい胸囲110cm以下のドレスシャツは、’90年代の終わり頃から一部出始めていることがわかる。

年代が古くなるとシャツの胸囲も大きくなってしまう。ん~昔はやっぱりルーズフィットのものが多かったんですねえ~。

あと、胸囲90cmの男性の場合、フルオーダーするとシャツ胸囲110cm以下は当たり前の数値というわけだ。

やっぱりフィットしたドレスシャツを一度でも着てしまうと、ダブついたものは着れなくなってしまうのかもしれない。


次のページは、「衿腰の高さは何cmがいい?」です