眼鏡は機能とデザインのバランス。納得できるものしか掛けたくない


フォーナインズの新作
フォーナインズ NPM-01。主要素材:アセテート、純チタン、チタン合金、ステンレス。3万6750円(税込み)。問い合わせ/フォーナインズ。
眼鏡は機能性とデザイン性で選びたい。そうなるとフォーナインズしかないだろう。

このブランドは掛けやすさを追求すると同時にデザインにもこだわっていて、毎年さりげなく進化しているところがファンにはたまらないのだ。


ノーズパット部分
プラスチック部分に埋め込んだノーズパット部分。以前よりもフロントの厚みが薄くなりスマートになった。
新作のうちの一型を見てみると、フロントはプラスチックで、テンプルがメタルというコンビネーションモデル。とてもスマートな印象を受ける。

調節可能なパットや逆Rヒンジなど、機能性はさすがといったところだが、真正面から見ると、そんな機能性を感じさせない。


逆Rのヒンジ
新作の逆Rヒンジは、幅をもたせながら薄く仕上げている。見た目にもスッキリしている。
今シーズンのテーマである「オール スタンダード」ということからもわかるように、非常に高い次元のスタンダードを目指しているのだ。


アクセはご法度! でも市松のバングルはOK


市松のシルバーバングル
市松のシルバー製のバングル。以前エディフィスで購入したもの。シンプルなデザインだが主張は強い。私物。
ビジネスシーンで派手なリングやブレスはご法度だ。しかし市松のバングルなら許してくれそうだ。純度の高いシルバーを使い、手作業で打ち出された模様は上品そのもの。しかも工業製品ではないので一点一点微妙にデザインが異なるのだ。

とくにバングルはシンプルな形状のためスーツスタイルにも違和感がない。ドクロなどのおどろおどろしいデザインでないところも、幅広く受け入れられそうだ。

キリっとしたクールさとシルバー特有の柔らかさが同居している感じでおすすめできる。


以上のように、これだけ小物にこだわれば、できる男こだわりの男センスのいい男と呼ばれることは間違いない。いずれにせよ好印象を与えることは確実だ。どうでもいいものから、納得できるものへ、ちょっとしたこだわりがポイントである。

↓商品の問合せ先はこちら

ハリソン】のロングホーズ
http://www.halison.co.jp/


ブルックリン】のバッグ
東京都港区南青山3-8-37
TEL 03-5414-5644
http://www.brooklyn-jp.com/


ケアーズ】のアンティークウオッチ
東京都江東区森下1-14-9
TEL 03-3635-7667
http://www.antiquewatch-carese.com/


フォーナインズ】の眼鏡
東京都世田谷区成城6-4-16
TEL 03-5429-7049
http://www.fournines.co.jp/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。