スーツをばっちりきめたつもりでも、意外とおろそかになりがちなのが持ち物だ。そこで、仕事ができる男の小物とはいったい何かを考えてみたい。

できる男の小物3か条

  1. 自分流のこだわりをもつ
  2. 上質のものを選ぶ
  3. トレンドはさりげなく、控えめに

では具体的にアイテム別で考えてみたい。

足元はロングノーズでシャープ感を演出


ロングノーズのシューズ
ロングノーズのアルフレッド・サージェント。足元にシャープな印象を与えてくれる。私物。
シューズが磨かれているのは基本中の基本だが、それだけでは物足りない。できれば主流になりつつあるロングノーズをメインに、ラウンドトウ、セミ・スクエアトウを履き分けたい。

たとえば、通常はスタイリッシュに見えるロングノーズのモデルを着用しているが、取引先が年上の相手の場合は、ラウンドトウやセミ・スクエアのトウのモデルを履いて、柔らかな印象を与えるのも賢明だと思う。

40歳代以上のビジネスマンはきっとロングノーズに馴染みがないはずだし、シャープなトウに違和感を抱くかもしれない。


セミ・スクエアトウのシューズ
旧チャーチを代表するチェットウインド。セミ・スクエアトウのラスト73は安心感を与える定番トウだ。私物。
そんなとき昔のチャーチのウイングチップを履いていたりすると、それだけで話が盛り上がるかもしれない。「ラスト73っていいですよね~」なんて言われれば、「コイツできるな」と思ってくれるかも。

40~50歳代にとって、グッドイヤーウエルト式のウイングチップは定番中の定番モデルということを頭に叩き込んでほしい。


チゼルトウ
チゼルトウは以前からあったディテールだが、最近再び注目されている。写真はロブスのトウ。参考商品。
ロングノーズの定番化にともなって、チゼルトウというのもこだわる男にふさわしいディテールだ。横から見ると先端がノミのようにストンと落ちているのが特徴である。英国のジョージ・クレバリーがその代表。


スキンステッチ
熟練した靴職人による手仕事の証。それがスキンステッチだ。参考商品。
またUチップの場合、フロントの処理にもこだわりたい。九分仕立てや手仕事が多い高級靴には、スキンステッチと呼ばれるディテールを見ることができる。

熟練した腕のいい職人にしかできない技だ。このような細かなところにこだわるのも、できる男への近道である。


けっしてスネ毛は見せない


以前、スケスケのナイロン靴下がオジサンくさいとOLから言われていたが、いまではスネ毛がチラッとでも見えたらすぐオジサンなのだ。

で、どうすればいいかというとロングホーズと呼ばれる長い靴下を穿くことだ。近頃日本でもようやく認められてきたようで、有名百貨店の靴下売り場でも扱っている。

海外有名ブランドのものは少し高額のため購入するのを躊躇してしまうが、国内ブランドのものなら値段も手頃だ。

ハリソンのロングホーズ
ハリソンのロングホーズ。サイズ:25~26cm。色:チャコール、ブラウン、ネイビー、ブラック。各1470円(税込み)。問い合わせ/ハリソン。
おすすめはハリソンのロングホーズ。ファインメリノエジプト綿など、高級素材のものを揃えている。

1500円前後で購入でき、しかも無地だけでなく柄ものもあるので一週間のローテーションもバッチリだ。これなら脚を組んでも平気。


次のページは、こだわりの「バッグと腕時計」です