顔のむくみ解消法

顔のむくみ&たるみを解消すれば、いつまでも若々しい印象をキープ!

顔のむくみ&たるみを解消すれば、いつまでも若々しい印象をキープ!

■アルコールの過剰摂取は避ける
お酒を飲んだ翌日の朝に顔がパンパンになるのは、体を水平にして寝ることで体内の水分が顔の方に移動するから。また、お酒を飲んで血中アルコール濃度が高くなることで血管が拡張し、水分の処理が追いつかないのも原因です。特に、まぶたのような皮膚の薄い部分はむくみも目立ちますので、顔にむくみが出やすい方は普段から塩分やアルコールを控えることが大切です。

■体を冷やさない
冷たい飲み物や食べ物はなるべく控えるように心がけましょう。体を温める作用のあるショウガ、ニンニク、ニラといった薬味を積極的に摂り、冷えによる血行不良やむくみの予防&解消に役立てましょう。

■朝晩のマッサージを習慣に
リンパの流れに沿って顔をマッサージするのは、むくみ解消に効果的です。マッサージした後は耳たぶの裏から鎖骨のリンパ節にむかって流すようにすると、顔の老廃物が押し出されてリンパの流れがよくなるので◎。この時、顔にクリームを塗ってからマッサージを行うと、摩擦による肌へのダメージが防止できます。

また、むくみの激しい朝には、顔に熱いタオルと冷たいタオルを交互に当て、血行を促すのが効果的です。

顔のたるみ解消法

■表情筋を鍛える
表情豊かに顔の筋肉を動かすことが、たるみ解消には効果的です。例えば、パソコンに向かって仕事をする際も、口角をキュッと引き上げたり、眉の上げ下げをしてみると良いでしょう。また、自宅やお風呂の中では、上を向いたままア・イ・ウ・エ・オと50音を顔を動かしながら唱れば、顔の柔軟体操になって、筋肉の衰えも緩やかになるでしょう。

また、アゴを使いよく噛んで食べる&ガムを噛むことも顔の筋肉を鍛えることに効果的ですよ!

■日焼け・紫外線を防ぐ
日傘を差す、紫外線予防用の帽子や日焼け止めクリームを活用するなど、直射日光が当たらないよう極力注意することが肝心です。

■急激なダイエットorリバウンドには注意

体と比べて顔には皮下脂肪が少ないので、皮膚と筋肉が直接ついている状態になっているものです。よって、急激なダイエットで痩せてしまい、皮膚のハリがなくなれば筋肉もつられて下に垂れ下がり、筋肉が衰えれば皮膚もたるむもの。もちろん、急激な体重増加にも注意が必要。特に頬は比較的脂肪がつきやすいパーツなので、太ったりむくんだりすれば、必然的にその部分からたるむことになります。

■首にシワをつくらない
高過ぎる枕で寝ると必然的に頭が上がり首元にシワができやすくなるばかりか2重アゴの原因にも……。同じように、電車内でのうたた寝も注意! 首にたるみが生じると、それにつられてフェイスラインも下に垂れ下がる恐れがありますので、睡眠をとる時はなるべく低めの枕を使うことを心がけましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。