文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)

「AGA」という文字をテレビのCMや街中の看板、電車内の吊り広告等で目にする機会が増えてきました。「男のヘアケア」でも以前に、「AGA治療ってどんなもの?」という記事でご紹介してきましたが、まだまだ勘違いされている方も多いようです。そこで今回は、もう1歩踏み込んで、AGAについてお話ししましょう。

老化以外の男性の薄毛は
ほとんどがAGA

電話をする薄毛の男性
前髪、あるいは頭頂部から薄くなり始めることが多いAGA。最近では10代で悩まれる方も多いようです。
AGAは「エー・ジー・エー」と読み、“男性型脱毛症”を意味する「Androgenetic Alopecia」の略称です。広告や看板に「AGA」の文字が見られたら、製薬会社であれば治療薬、クリニックであれば薄毛の改善について取り組んでいるのだと考えて間違いないでしょう。

前髪部分、あるいは頭頂部から薄毛が進行してくるケース。20~30代からの薄毛(若年性)や40代からの薄毛(壮年性)なども、AGAに含まれます。60代以降の薄毛は自然な老化現象が原因ですから、AGAには含まれません。その場合は老化を食い止めたり、遅らせる「アンチエイジング」のケアが必要になります。

最近の傾向としては、10代後半から若年性の薄毛に悩む若者が増加傾向にあるようです。これは、食生活やライフスタイルの変化によるものと考えられています。AGAに悩む男性の数は800万人とも、1000万人以上ともいわれておりますが、いずれにしても大変な数には違いありません。

AGAの原因は複雑
素人判断は危険

パソコンと携帯
最近ではインターネットで、簡単に海外から個人輸入できてしまいますが、素人判断だと危険が伴います。
10代から40代くらいまで、若くして薄毛になる方の多くがAGAだとはいえ、AGA治療を自分勝手な判断で進めるのは危険です。同じ薄毛でも、ストレス等が原因の「円形脱毛症」の可能性もあるからです。前髪から、あるいは頭頂部から薄毛が進行しているからAGAで、それ以外の部分なら円形脱毛症の可能性があると見立てることも、まったく根拠がないとはいえませんが、素人判断はケガのもとです。

AGA治療薬の中には処方箋が必要でないもの、海外からの個人輸入で入手可能なものもあり、医師や専門家に頼らずに、薬剤を使った治療ができてしまいます。ですが、それらは副作用や根本的な見立て違いによって、薄毛の治療どころか、健康を大きく損なう危険性も伴うのです。

それゆえに、きちんとした専門家に相談することが望ましいでしょう。病院であればAGA専門・頭髪治療専門と掲げているところが安心です。また、最近はAGA治療を行う皮膚科も増えてきました。皮膚科以外でも、一部、AGA治療を行う内科や形成外科もあります。ほかにも、AGAのケアを行うサロンなどがあります。

前髪から薄くなり始め、いや頭頂部から、いいえ、そのどちらからも……と、人によってさまざまなのが薄毛の実情。当然、原因も多種多様です。だからこそ、専門家にじっくりと原因を探ってもらう必要があるのです。

次ページでは、具体的なAGA治療の中身を紹介します。