???????
薄毛でお悩みの方のために、ガイド4人が集まりました!
今回は、薄毛に悩む男性を応援しようと、良きアドバイスをいただけそうな専門分野のガイドさんに集まっていただき、男の薄毛について語ってもらいました。

お集まりいただいたのは、「恋愛」ガイドの石田陽子さん、「美しい姿勢・歩き方」ガイドの長坂靖子さん、そして男性側から「メンズファッション」ガイドの倉野路凡さんです。それぞれの専門的見地から、忌憚ない意見が(私も含め)飛び出しました。

恋愛においては、髪の量は関係ないんです!
by恋愛ガイド

佐藤:さっそくですが、男性の薄毛に関して、みなさん、どう思われているんでしょうか?
石田:そうですねー、悩んでる方、多いですよねー。でも率直に言って、恋愛のシーンでは髪の量で好きになったり嫌いになったりはしないですね。
佐藤:本当ですか? 男性の髪の悩みの多くは“薄毛だと、女性にモテない”というところにあるようですよ。これはきっちりと統計として出ている数字ではないのですが、私が色々な方にお聞きしたりして集めた情報から推測すると、ハゲを理由に自殺する人は、1年で300人くらいいる。
倉野:えー、そんなに?
佐藤:ええ。その裏には“女性にフラれた”という事実があって、それを「ハゲていたからだ」と思い、自殺をしてしまうのです。
長坂:ハゲが原因じゃないのに……。

???????
「恋愛」ガイド・石田陽子さん
石田:たとえば二人の仲が上手くいかなくなって、「このハゲっ」と去って行ったとしても、薄毛が別れる原因だったわけではありません。まぁ、そんな捨て台詞を言う女性とは別れて正解ですが。薄毛そのものではなく、それを気にするあまり消極的になったり、自信がなさそうだったり、卑屈になったり。男性のそんな態度が積み重なって、それが原因になるんですよね。

長坂:たとえば“一九分け”をしていたりすると、「この人はここにコンプレックスを持ってきるんだな」と、こっちも分かって気にします。あの髪型は、色々と大変ですよね。それよりは無いなら無いでもOKなので、堂々としている方がカッコイイです。気にし過ぎは、絶対にマイナス。恋愛が上手くいかなかったのは薄毛だったからじゃなくて、それを気にし過ぎたことが、悪い方向に出てしまったからだと思うんです。
佐藤:人間は結果に対して原因を求める生き物ですからね。短絡的に失恋と薄毛とを結びつけてしまうんですね。

薄毛でも、姿勢がいい人は好印象
by美しい姿勢・歩き方ガイド

倉野:外国の人って、ハゲててもカッコイイですよね。
石田:ええ。
倉野:ショーン・コネリーは『007シリーズ』の撮影の時、役作りのためにカツラをつけていたの、知ってますか?
長坂:えっ、ホントに?
倉野:ホント! 若いときから薄かった。でもカツラは役のためで、撮影以外では思いっきり外しちゃって、プライベートを楽しんでいた。その生き方、カッコいいですよね。

佐藤:たとえば欧米の人は、二人に一人くらいはハゲちゃう。そうすると、多くの人がスキンヘッドにします。それでも似合ってる。あれは顔の彫りが深いのと、頭の形がいいから。日本人は彫りが薄く、頭も茶筒型をしているので、スキンヘッドが似合わないのです。

???????
 
石田:だから隠す方向に向かうんですね。女性は男性をトータルで評価しますから、髪の量だけを見るのではなく、全体のバランスを大切にすればいいのに。服装だとか立ち居振る舞いだとか、ね。
長坂:その点では、体の姿勢は大切ですね。ピシッとしている人は見ていても気持ちがいい。髪の毛が無くても、そんな人、私好きです。

佐藤:昨日、電車に乗っていた時のことですが、一人の背の高い男性が立っていた。席が空いているに座らない。見ると、髪の毛が薄い人だったんです。座るとのぞき込まれる、そんな意識があったんでしょうね。立ち姿はピシッとしていましたが……。
長坂:頭のテッペンは、一番大切なところ。本能的にも人目にさらしたくない場所ですが、薄毛の方は特にそうなのでしょうね。