文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)

帽子を長時間被り過ぎると
抜け毛・薄毛が進むってホント?

野球イメージ
野球シーズン到来!で、ガイドはやっぱり帽子・ヘルメットの下が気になる…
日本のプロ野球、そしてアメリカの大リーグも開幕し、今年も本格的な野球シーズンがスタートしました。6月には南アフリカでW杯が開かれるだけに、夏にはサッカーのほうに注目が集まることになると思いますが、それでも日本の野球人気は普遍のもの。多くの人がシーズンオフまでの約半年間、ごひいきのチームを応援することでしょう。

さて、私が今回この記事をまとめようと思ったきっかけは…そう、野球選手と薄毛の関係が気になったからです。
野球選手は、試合の時も練習の時も、ほとんどのシーンで帽子(ヘルメット)を被っていますよね。あんな具合に、長時間にわたって帽子を被ることは、髪の毛にあまり良くないのでは?薄毛を進行させてしまうのでは??以前から、このテのウワサはまことしやかに囁かれています。
【関連記事】
「2016リオ五輪決定!薄毛スポーツ選手列伝」

これは果たして本当なのでしょうか?帽子・ヘルメットは、髪の毛、頭皮にどんな影響をもたらすのかを探ってみます。

帽子を被り続ける職業の男性は
やっぱり「リスキー」だった…

角栓様物質
脂が固まって変化した角栓様物質が毛穴をふさいでしまっている様子
最も大きな影響なのが、

頭皮が蒸れること

です。頭皮が蒸れることで、頭皮の皮脂腺から出た脂肪酸が毛穴にたまり、炎症が発生する場合もあります。さらには、脂が固まって角栓様物質に変化し、毛穴をピッタリふさいで抜け毛を促進する可能性も否定できません。
また、帽子・ヘルメットに圧迫されて頭皮に十分な血が行き渡らなくなると、毛根が弱り、次第に薄毛が進行するケースもあります。
このような事態を防ぐためには、どうすればいいのでしょうか。


ヘルメットイメージ
このような職業の方は、ヘルメットを被らないと命にかかわりますよね
とりあえず、最も簡単なのは、帽子・ヘルメットを被らないことです。しかし、(野球選手はもちろんですが)建設工事、飲食店、食品工場勤務など、仕事でどうしても被らなければならない方は、そうも言っていられません。

そんな方は、外せる時は例え5分間でも外して、頭皮が蒸れないようにしてください。1日中ずっと被り続けているよりは、抜け毛・薄毛を防ぎやすくなると思います。また、汗をかいたら、タオルでこまめにぬぐい、できるだけ頭皮を清潔に保つことも大切です。

しかしその反面、実は帽子が抜け毛・薄毛を防ぐ効果も!次ページへ!