前回お届けしたヘアケア診断「2005年どうなる?あなたの髪の毛」の結果はいかがでしたか? チェックがまだの方は、ぜひチャレンジしていただきたいと思いますが、今回は、ガイドの知人の美容師に、髪の毛が少ない場合のヘアスタイルについて教えてもらいました。

2005年を、うんとモテる年にしよう!

お話をお伺いしたのは、浦和レッズの本拠地に程近い場所にある美容室の美容師O.Cさん(31歳)。お店にはレッズの男性サポーターも数多く訪れることから、彼らの心の悩みや髪の悩み(カッコよくなりたい、モテたい、薄毛に困ってる、などなど)をよーくご存知で、親身に相談にのってあげている方です。

その彼女が言うには、 「自分が好きな髪形は、実はその本人に似合っていないことが多い」ということ。そして「少し工夫をしただけで、ステキな雰囲気になれる」ということです。

つまり、ヘアサロンなどに出かけてみて、積極的にプロの意見・技を取り入れれば、薄毛に悩むあなたもイケてる髪形になれるのです。ですからこれを機会に大変身して、今年をもっともっとモテる年にしてみましょう。


トップが薄い場合>
生えている髪の毛を強調すると逆効果

トップから分け目をつけようとしないで、なるべく地肌を隠すように。トップの髪は揃えずにカットし(美容師さんが、うまくやってくれますよ)、ふんわり感は、ワックスやムースを使って!
薄毛の人が犯しがちな過ちは、薄くなっていない部分を大切にしすぎるということです。しかし、「せっかく生えているのだから、長く伸ばしちゃえ」と無闇に伸ばすとマイナス。その部分が重くなり、薄い部分が際立ってしまうからです。

トップが薄い場合は、あくまでもトップの分量を基本に、全体をスッキリと。分け目もはっきり出さないようにします。たとえば、サザエさんの波平さんと戦に敗れた落ち武者の髪形を比べたら、サイドの短い波平さんの方がしっくりしているのが分かりますね。

トップがあまり無い場合は、若干後ろにポイントを移した「(サッカーの)中田カット」などはいかがでしょうか? また、トップの広い部分で毛がない場合は、好き嫌いはあっても、いっそのことスキンヘッドにした方が、ファッション的にはグッドです。


次は、サイド、フロントが薄い場合のイケてる髪形です。