「長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい」「ふくらはぎがむくんで、足がだるい」寒い季節になるとこんな方も多いのではないでしょうか。そんな方に足のむくみを解消するストレッチ方法をご案内します。

足がむくむメカニズム

ふくらはぎの筋肉
これらの筋肉のポンプ機能を回復させればむくみが解消されます
人間の体には動脈と静脈があります。動脈は酸素が豊富な血液を全身へ送る血管。静脈は、体内の二酸化炭素を含んだ血液を心臓に送り込む血管です。心臓から出て行く時に利用される血管が動脈、戻る時に利用されるのが静脈です。

さらに、体内に沈殿した老廃物を排泄する為に静脈へ送る働きをするリンパ管があります。むくみやすい、ふくらはぎの筋肉は歩くだけでなく、立っているだけでも使うため疲労物質が溜まりやすいのです。

足がむくんでいる状態とは、リンパ管から静脈に筋肉に溜まった疲労物質を送り込むことができず詰まった状態です。また、ふくらはぎは心臓に対して下にあるため、長時間座っていたり、立ちっぱなしが続くと、老廃物は重力の加減で下へ行き、吸い上げる力が弱いと、そこに溜まってしまいます。

足がむくむ原因

●ふくらはぎの筋力の低下
筋肉は血管やリンパ管を収縮させ、循環させるポンプの役割もします。運動不足でふくらはぎの筋力が低下したり、座っている時間が長くふくらはぎの筋肉を収縮させる事が少ない状態が長く続くと、リンパ管から静脈への疲労物質の運搬が少なくなり、どんどん疲労物質が溜まっていきます。

●体液が濃くなっている
リンパ管や血管の中を通る体液の濃度が濃いと、リンパ管の中の老廃物が排泄されにくくなります。配水管に泥水を流すのと、水を流すのでは水の方が流れやすいのと同じ理由です。辛いものや味が濃い食べ物は良くないというのはそのためです。

●長時間座っている状態が続く
ふくらはぎの筋肉への刺激が少ないと、血液を心臓に戻すポンプを緩めた状態のままになります。そして筋肉にある疲労物質がリンパ管を通して血液に運ばれず、むくんでしまうのです。

ふくらはぎをストレッチすればむくみは取れる

骨盤や膝、足首の歪みも血管やリンパ管を圧迫し、むくみの原因となりますが、基本的にはふくらはぎの筋肉のポンプ機能を回復させればむくみは解消されます。筋肉のポンプ機能が働けば、静脈を通して、疲労物質が運ばれ、溜まっている部分のむくみが解消されるのです。

ウォーキングを週3回20分ずつ程度行ったり、30分程度お湯につかったり、マッサージを受けたりするのもむくみ解消に効果的なのですが、一番手軽なのがストレッチです。
ふくらはぎのストレッチをして、筋肉を伸ばせば、ポンプ機能が回復して、むくみが解消されてきます。

足のむくみを解消するにはリンパ管から静脈に疲労物質を送り込むシステムを改善してあげればよいのです。その方法の一つとして次のページでご紹介するふくらはぎのストレッチがあります。ふくらはぎのストレッチが効果的な理由を足がむくむ原因から考えてみましょう。


それでは次のページでご紹介するストレッチを試してみましょう!