使用期間を考慮して、上がる前に交換したい

バッテリー使用期間
バッテリーを交換するときは、交換した年月日をラベルなどで貼っておくと次回交換時期の目安となる
前回はテスターを使ったバッテリーの状態の見極め方について紹介しましたが、テスターまではちょっと……、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、テスターを使わずにバッテリーの寿命を推測する方法について紹介します。

まず一番簡単にバッテリーの寿命を見極める方法が、使用期間と使用状況から判断するというものです。バッテリーの寿命は、使用状況によって大きく変わってくるものですが、おおむね2~5年というのがその目安となります。

2年というのは、バッテリーメーカーでも保証を付けていることも多く、バッテリーにとって厳しい使用条件においても、新品であれば最低でもこれぐらいはもつだろうという期間です。逆に5年というのは、バッテリーにとって理想的な使用状況で使い続けた場合で、使い方によってはさらに長もちすることもあります。

判断方法その1 日頃の車の使い方(バッテリーの使用状況の過酷さ)


ではバッテリーにとって理想的な使用条件とはどのようなものでしょうか。それは毎日、ある程度の距離を連続して走行するような走り方です。例えば、一回の走行距離が20km以上で、渋滞などで停車する時間が短く、オルタネーターの充電効率の高い2000~3000回転付近のエンジン回転を多用できるような状況です。郊外などで、毎日ある程度の距離を通勤で通うといった使い方が、これに当てはまるでしょう。

逆にバッテリーに厳しい使用状況とは、エンジン始動の頻度が少ない、一回の走行距離が短い、渋滞などでアイドリングしている時間が長い、というようなケースです。例えば、都心部の宅配業者さんや週に1回近所のスーパーに買い物に行くときにだけしか使わないといった走り方が、それに該当すると思います。

そうした各々の使用状況からバッテリーの寿命を予測し、バッテリー上がりを起こす前にあらかじめ交換するというのが、ひとつの対策法です。使えるうちに交換するなんて勿体ない、と思われるなら、そろそろ寿命かなという頃に整備工場などでバッテリーを点検してもらい、交換時期のアドバイスをもらうのも手です。いずれにしても上がってしまってからでは意味がありませんので、早めの交換が大切です。

次ページではその他の目安を紹介します