数年前の夏、《スワロフスキー》のラインストーンを直接肌に貼りつける「クリスタル・タトゥ」が流行ったのを覚えていますか。花やハート、月星などのモチーフを、首筋や腕にラインストーンでかわいらしく描き出した女性たちが、夏の日差しを浴びて元気よく歩いていたものでした。

そのブームは一瞬のことで、人気はあっという間に下降線。その理由は「クリスタル・タトゥ」がドラッグ・ストアなどで売られていたこと、ガラス製のラインストーンにどことなく安っぽいイメージがあったこと、などにあったように思えます。

ところが2001年秋、今度は本物の宝石でできたタトゥ「ボディ・ジェム」が日本に上陸。同じ《スワロフスキー》の宝石部門が開発したもので、ブルー・トパーズ、ホワイト・トパーズ、ペリドット、アメシスト、ガーネット、シトリンなど、6種のジェム・ストーンが使われています。

3個、または5個のジェム・ストーンがパックになった「ボディ・ジェム」は、アレルギー・テスト済みの接着剤が裏についていて、3~4日はそのまま剥がれることなく肌に貼りついたままになっています。また、パックにはスペアの接着剤が同封されているので、ジェム・ストーンの再利用も可能。今度はドラッグ・ストアではなく、主にジュエリー・ショップ、デパートの1階などで販売されることになったようです。

 

 

「ボディ・ジェム」
5個入りマルチ・カラー:¥8,800 5個入り単色:¥8,800
(ともにスペア接着剤20枚入り)
3個入り単色:各¥5,800
(ともにスペア接着剤10枚入り)
ジェム・ストーンの種類は、ブルー・トパーズ、ホワイト・トパーズ、
ペリドット、アメシスト、ガーネット、シトリンなど。
ジュエリー・ミノルにてWEB通販ができます

※デパートでの販売についてのお問い合わせは、
エクセル 電話 03-3263-7625(担当:宮島)へ。

All Photos: Courtesy of SIGNITY JAPAN

そういえば2001年のアカデミー賞授賞式では、何かキラキラしたものを肌につけたセレブたちがいたけれど…(『キャスト・アウェイ』のラリ・ホワイトとか、『あの頃ペニー・レインと』のズーイー・デシャネルとか)、あれは「ボディ・ジェム」だったんですね!

「ボディ・ジェム」の情報は、WEBサイト〈gem.net〉から発信され、現在「About Us News Bodygem Rocks Lily of France」のコーナーでは「ボディ・ジェム」を身に着けたスーパー・モデルたちのショウの様子も見ることができます。

 

次ページでは、実際の使用感やどんなつけ方があるかをご紹介しましょう。