大人女性のクリスマスプレゼントにぴったりのジュエリー7ブランド

ジュエリー

ボリューム感のあるジュエリーは、装いの主役になってくれます。(C)Cartier International


身に着けた途端、女性であることを謳歌できるジュエリーは、ホリデーシーズンに手に入れたいアイテムのひとつです。ご主人や彼氏へおねだりしたり、もしくは、この1年間頑張った自分へのご褒美として買う場合、デザインや質には妥協せず、こだわりたいものです。

そこで今回は、人気ブランドから新進気鋭のブランドのものまで、クリスマスにおすすめのジュエリーを、ガイドが厳選した7つのブランドからそれぞれピックアップします。

少々高価なものから、ジュエリーとしてはお買い求めしやすい価格帯のアイテムまで集めましたので、クリスマスプレゼントはもちろん、記念日や誕生日プレゼントなど、ショッピングの参考にしてみてください。


TOMOKISSIMA(トモキッシマ)のコスチュームジュエリー

TOMOKISSIMA

コスチュームジュエリー 23万7600円(税込) /TOMOKISSIMA(トモキッシマ)TOMOKISSIMA


デコラティブで大ぶりなコスチュームジュエリーは今季トレンドなので、要チェックです。ボリュームのあるニットに映えそうなゴージャスなタイプは、特別な日はもちろん、普段使いしたくなる愛すべきジュエリーです。

そこでオススメのブランドは、ミラノ発コスチュームジュエリーブランド「TOMOKISSIMA(トモキッシマ)」。デザイナーの小川智子氏が面白いと思った素材を世界中から集め、独自に考案した技法でジュエリーを創造しています。デザイン性の高さと、素材にこだわりの感じられるジュエリーは、ファッションに敏感な方々から、高い評価を得ています。

こちらのコスチュームジュエリーは、「舞台用に」とオートクチュールの依頼を受けて制作したもの。トップの部分は、ウィーンで作られたヴィンテージのパーツで、水晶をカットしています。クリスマスにぴったりなカラーリングなので、この冬大活躍しそう!



HASUNA(ハスナ)のダイヤモンドネックレス

HASUNA

bijoux Timeless ネックレス 9万1800円(税込)/HASUNA(ハスナ)


この秋新しいコンセプトで生まれ変わった、ドメスティックジュエリーブランド「HASUNA(ハスナ)」。新しいコンセプトは「PERPETUAL JEWELRY」で、PERPETUALとは、「絶え間ない、永続する」という意味。デザインの美しさや佇まいはもとより、手に届く瞬間までのストーリーが偽りなく美しいもの、それが本質的に美しいジュエリーなのだというメッセージが込められているのだとか。

こちらのネックレスは、クリアな輝きを放つラウンドブリリアントカットのダイヤモンドと、端正ですっきりした六角形のデザインで、時代が変わっても愛され続ける普遍的な美しさを感じさせます。コンセプト通り、素材の背景にある透明性にもこだわりたいという想いから、採掘環境に配慮されたダイヤモンドだけを使用しているとのこと。いつも、いつまでも時を超えて愛したいコレクションです。



CHAN LUU(チャン・ルー)のブレスレット

CHAN LUU

ゴールド×ホワイトパールブレスレット 1万8360円(税込)/CHAN LUU(チャンルー)


ロサンゼルスを拠点に人気となっている「CHAN LUU(チャン・ルー)」。Handcrafted, Quality, Designをキーワードに、旅先で出会った伝統や文化をデザインで紡ぎ伝承するコンテンポラリー・ライフスタイルブランドです。作り手と使い手の想いが共鳴し、絆が生まれるジュエリーは、人と人とをつなげるジュエリーとして多くの人々から愛されています。

こちらは、ブランド生誕20年を記念してデザインされた、ハーフバングルのプルタイブレスレット。女性の美を象徴するパールは、シェル(貝)が持つ生命力が生み出した、生き生きとした活力のあるエネルギーを持つとされています。清楚な魅力が身につき、女性のよい性質が強調されるとか。また、よい縁を結ぶパワーにあふれ、美しくなりたい女性をサポートするといわれています。



agete(アガット)のネックレスとリング

agate

(左)ネックレス 5万9400円(税込) (右)リング 5万9400円(税込)/以上すべてagete(アガット)


 「時代の流れに沿ったジュエリー」を発表しているジュエリーブランド「agete(アガット)」。その時々の女性の生き方やファッションを反映したラインナップで「常に新しい物」「今までの市場に無かったもの」を提案しています。

こちらのネックレスとリングは、クリスマス限定スペシャル。瑞々しく奥行きのある輝きが魅力のローズカットを、プリンセスカットで贅沢に取り巻いたアイテムです。雪解けとともに可憐な花を咲かせる“雪割草”をモチーフに、雪のきらめきの中に咲く繊細な美しさと華やかさを表現しています。女性らしく洗練されたデザインの中にも、時代感覚のあるジュエリーです。



talkative(トーカティブ)の水晶ピアス

talkative

ピアス 6万9120円(税込)/talkative(トーカティブ)


「会話の生まれるジュエリー」をコンセプトに、グラフィック的な視点で展開するジュエリーブランド「talkative(トーカティブ)」。デザイナーのマロッタ忍氏は、2005年JJAジュエリーデザインアワード新人大賞受賞や、2005年伊丹国際クラフト展審査委員賞を受賞しています。2017SSコレクションよりパリで新作を発表し、デザイン性はもちろん、日本のクオリティの高さを含め、世界中のバイヤー・プレスから高い評価を得ています。

こちらは、ハーキマークォーツという、カット石ではなくこのままの姿で採れる水晶を使ったピアス。アメリカNY州のハーキマー地区からのみ産出する貴重な水晶です。1つとして同じ形の無い、純粋無垢な結晶のピアスはプレゼントにぴったり。



Lijou(リジュー)のダイヤモンドリング

Lijou

リング 5万2920円(税込)/Lijou(リジュー銀座店)


ジュエリーセレクトショップ「Lijou(リジュー)銀座店」のオリジナルジュエリー。シンプルを贅沢にデザインする”がコンセプトの「Lijou(リジュー)」は、無駄を削ぎ落としたシンプルな美しいデザインで、日常に溶け込みながらその人の個性を引き立たせるジュエリーです。身に着ければ、上質な光を纏うように、心地よい煌めきをもたらします。

こちらは、リジューを代表するラインダイヤモンド。マイクロバヴェダイヤセッティングを施したシンルなリングです。一直線なダイヤのリングは、シンプルに1本で楽しんでも、重ね付けしてもスタイリッシュな使える1本です。



SHUN OKUBO(シュン オオクボ)の珊瑚ピアス

SHUN OKUBO

ピアス 3万6720円(税込)/SHUN OKUBO(リジュー銀座店)


「SHUN OKUBO(シュン オオクボ)」は、パリでファッションデザインに携わったデザイナー 大久保俊氏が2007年に創業した東京を拠点とするジュエリーブランド。一貫して”都市の女性のためのジュエリー”というコンセプトを掲げ、ミニマルで詩的な佇まいを持った現代的なデザインが特徴となっています。

こちらは、クリスマスシーズンに合わせてリリースされている、赤い珊瑚のシリーズ「Cayenne(カイエン)」。フランス領ギアナの首都カイエンヌがその名の由来の赤い唐辛子、Cayenne pepper(カイエン・ペッパー)がこのシリーズの名に付されています。直径6.0mmの珊瑚にK18YGのパーツが配置されたこのピアスは、特にその眼のような外観から「eye(アイ)」と名付けられています。ホリデーシーズンにぴったりのレッド×ゴールドのピアスは、この時期だからこそ手に入れたい。



=====================
【取材協力】
TOMOKISSIMA(トモキッシマ)
HASUNA(ハスナ)
CHAN LUU(チャン・ルー)
agete(アガット)
talkative(トーカティブ)
Lijou(リジュー)
SHUN OKUBO(シュン オオクボ)
(以上、掲載順)
=====================



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。