「グランサンク(Les Grand Cinq)」という言葉、どこかで聞いたことがあるかもしれません。このフランス語を英語に直すと、その意味は The Big Five。これはパリのヴァンドーム広場とラペー通りにある5つの老舗ジュエラーを指すのです。今回は、女性誌などでひんぱんに使われる「グランサンク」というキーワードに迫ります。

五大宝飾店などとよく訳されるグランサンクですが、そのメンバーは創業年度の古い順に、メレリオ・ディ・メレー(1613年)、ショーメ(1780年)、モーブッサン(1827年)、ブシュロン(1858年)、ヴァン クリーフ&アーペル(1906年)の5社。グランサンクは通称で、正しくは「フランス高級宝飾店協会」と呼ばれます。世界五大宝飾店、などと訳すのは、はっきりいって間違い。

ここになんでカルティエは入っていないの? ブルガリは? ティファニーは? といった疑問もわいてくるかも。でもグランサンクはパリの宝飾店の協会なので、イタリアやアメリカのジュエラーは含まれません。またカルティエは、古くは一時入会していたこともあったようですが、すぐに退会してしまいました。どうもカルティエは昔から同業者どうしでひとまとめにくくられるのを嫌う体質があるようです。

このフランス高級宝飾店協会、1940年代初めから始動し、1947年頃に正式に結成されました。初代会長はマルセル・ショーメ。スタート時はいくつものメゾンが参加していましたが、徐々に減っていき、最終的にヴァンドーム界隈の5社に落ちつきました。

1980年代くらいまでは、さまざまな活動もありました。パリの「アンティークビエンナーレ展」にそろって出展したり、オテルリッツで合同新作発表会などを開いたり。ショーメ家、モーブッサン家、ブシュロン家、アーペル家……リッツで会合するファミリーのトップたち。想像するだけでも優雅な光景ですが、今ではメレリオ・ディ・メレーをのぞく4社から創業者一族が離れてしまったために、活動はほとんど行われていません。家族経営の時代は終わってしまったのです。

というわけで、今やパリで「グランサンク」といってもわかる人はほとんどいないのが実情。ショーメで古くからセールスを務めていた人物にも直撃しましたが、「グランサンク? 今どき聞きませんね、そんな呼び方」とのこと。グランサンクは今や日本でだけ通用する特殊なネーミングになってしまったようで、ちょっとがっかり。

 

ヴァンドーム広場周辺地図
ヴァンドーム広場周辺のブランドをざっとリストアップ。
この広場の形、どこかで見たことがあるかも……と思った人はいいカンをしてます。
シャネルの時計「プルミエール」が、まさにヴァンドーム広場の形。
ココ・シャネルは晩年オテル リッツに暮らし、いつもこの広場を眺めていたのです。
photographs: courtesy of Boucheron and Chaumet

 

さて、ここでヴァンドーム界隈のちっちゃなトリビアをご紹介。今なお創業者一族のメレリオ家によって経営されているメレリオ・ディ・メレーの本店は、ラペー通り沿いにあります。この建物はとても古く、パリの建物に高さ規制が課せられるよりも以前に建てられているため、周囲よりも少し高いのです。メレリオの屋上はパリのなかでもとくに見晴らしがよい、とびきりのスポットであることが、このメゾンのスタッフたちの自慢です。

またショーメの本店は、ショパンが最晩年を過ごした場所としても有名。建物には歴史的な場所であることを示すプレートが。ショパンが息を引き取った部屋は、現在は「ル・グラン・サロン」という豪奢なVIPルームになっています。

もうひとつトリビア。ヴァンドーム広場の中央に立つ柱は一体なに? あれはナポレオンがオーステルリッツの戦いに勝利した記念に建てさせたモニュメントで、ローマのトラヤヌス帝の凱旋記念柱を模しているといわれます。てっぺんにいるのは、古代ローマ風の衣をつけたナポレオンの像。広場のシンボルともいえるこの柱、さまざまなメゾンがジュエリーのモチーフにしていますが、ブシュロンでは何と時計の針が凱旋記念柱の形をしています。ブシュロンのウォッチを手に取る機会があったら、ぜひチェックしてみて!