手持ちのジュエリーの裏側を、ちょっとひっくり返してみて! そこには数字やアルファベットが刻まれているはず。外国製のジュエリーなら、何やら絵が入ったごく小さな模様……のようなものもあるかも。これが一体何なのか、知ってみたくはありませんか?

 

ジュエリーの裏側にある「750」刻印の意味とは?

試しに、わたしが愛用しているショーメの〈リアン〉リングをチェック。すると内側には「750」という数字と「CHAUMET」のブランド名、製品番号と思われる6桁の数字が刻まれていました。リングの手のひら側の外側には、小さなキズのように見える刻印がふたつ。さて、これは一体どんな意味?


▲内側に「750 CHAUMET」の文字。

▲左側のホールマークが「鷲の頭」。

まず「750」は、金の純度が1000分の750、つまり18金であることを意味しています。ヨーロッパでは金の品位を千分率で表記することが多く、日本ではK18とか18Kといった表記(純度が24分の18という意味で、KはKaratの略号。18Kinの略じゃないですよ)が多いのです。これを知っているだけで、このリングがプラチナ製ではなく、ホワイトゴールド製であること、そしてショーメというブランドを知らなくても、おそらくは外国製だろうことがすぐに見抜けます。

では、外側の小さな刻印は? このうちひとつは、ジュエリー製造者のメーカーズマーク。もうひとつは、フランスの造幣局の決まりによって打たれたホールマーク。鷲の頭をデザインした図柄で、これはゴールド製であることを表しています。フランスでは、銀のジュエリーには兜をかぶった女神ミネルヴァの頭、プラチナには犬の頭のマークを入れることが義務づけられていて、見かけだけでは金か銀か、またはプラチナなのかが判別できなくても、このマークを調べればすぐに素材がわかるから便利。

  
▲フランスのホールマーク。
左からミネルヴァの頭、鷲の頭、犬の頭。

▲蚤の市で買った銀のリング。
よ~く見るとミネルヴァの頭が……。

次に、ジュネーヴの蚤の市で買ったリングをチェック。内側に「925」の小さな文字を発見しました。これは貴金属の純度が1000分の925であるという意味で、92.5%の純度は銀製品に使われる典型的なもの。銀製品に対するこの刻印は、日本を含む世界のいろいろな国でも一般的に行われているので、まずはこのリングが銀であることがわかります。さらに、外側にミネルヴァがあったので、これでフランス製であることも判明したというわけ。

ちなみに、イギリス製ジュエリーのホールマークは、銀はライオンパサント(前足をあげた獅子)、金は王冠、プラチナは宝珠。このほか何年に製造されたものか、どの都市で試金分析を受けたかなどを表すマークも入ることがあり、より詳しい情報を得ることができます(このあたりの事情は複雑すぎるので、またの機会に)。

  
▲イギリスのホールマーク(スタンダードマーク)。
左からライオンパサント、王冠、宝珠。

銀製品は「Sterling Silver」とか「Sterling」、または「SS」とだけ書かれることもあります。いずれも925と同じ意味。

日本製の場合、造幣局が検定した貴金属には日の丸のホールマークが刻印されますが、この刻印が法律で強制されているわけではありません。ジュエリー大国イタリアにもホールマークの制度はなく、750とか925とかの品位の数字を刻印するだけです。

こうした刻印、とくにフランスのホールマークは、ときには小さなキズのように見えてしまいますが、くれぐれも消したりしないように。リングのサイズを直すときなどは、よく気をつけるように職人に頼むべき。刻印は、そのジュエリーがどういった出自なのかを示す最低限の手がかりなのですから。

ラストのページでプラチナブレスが当たります。最後まで読んでね!