社会人必読!ヘアカラー・髪色の選び方

新社会人、新入社員はとくに、ヘアカラー・髪色選びに悩むところですね

新社会人、新入社員はとくに、ヘアカラー・髪色選びに悩むところですね

職場で好感を持たれるヘアカラー・髪色選びは、社会人の身だしなみとして気になるところ。とくに入社式を控えた新社会人や新入社員は、ヘアカラー・髪色に悩む方も多いかと思います。職種別のヘアカラー・髪色の基準や、パーソナルカラーの観点をふまえて、自分にふさわしいヘアカラー・髪色を選びましょう!

なお、パーソナルカラーとは、その人の個性や魅力を演出するためのカラーコーディネートの手法です。
 

ヘアカラーの効果とは 

あなたの一票「あなたはヘアカラーをしていますか?」の結果は、「染めていない」方が53%を占めました。日本人らしい黒髪の魅力が見直されているようです。

あなたの一票「あなたはヘアカラーをしていますか?」の結果は、「染めていない」方が53%を占めました。日本人らしい黒髪の魅力が見直されているようです

2006年3月、あなたの一票「あなたはヘアカラーをしていますか?」を実施しました。アンケート結果は「染めていない」方が53%と最も多く、「あまり明るくなりすぎない程度に染めている」方が35%、「明るさだけでなく、色みにこだわって染めている」方が10%を占めています。ヘアカラーが身近になる一方で、日本人らしい黒髪の魅力が見直されているようです。

持って生まれた髪の色は、その方の個性を表現するものです。しかし、白髪が出てくると隠したくなるものですし、ヘアカラーでイメージをコントロールすることによって、気持ちが明るく前向きになることもあります。

職場で愛される、社会人のヘアカラー・髪色とは?

職種・企業によっては、企業イメージを向上させる観点から、社員のヘアカラー・髪色について基準を設けることもあります

職種・企業によっては、企業イメージを向上させる観点から、社員のヘアカラー・髪色について基準を設けることもあります

企業イメージを高めるために、さまざまな企業が、社員のヘアカラー・髪色のあり方を模索しています。ヘアカラーの色は、各メーカーで色名が異なり、同じような色名であっても微妙に差があるため、明快な判断基準を設けることは容易ではありません。

2004年、日本ヘアカラー協会(JHCA)によって、ヘアカラーの明るさの基準となる「JHCAレベルスケール」が開発されました。当初は美容師の勉強用のツールとして開発されたものですが、現在では多くの企業が「JHCAレベルスケール」を採用しています。

具体的な測色値が公表されていないので、この記事の中で色見本を提示することはできませんが、焦げ茶(レベル5)から金色(レベル15)までの11段階が設定されています。
 

職種別! ヘアカラーの明るさの基準

職種や企業によって、好ましいとされる髪の毛のトーン(明るさ)には違いがあるようです

職種や企業によって、好ましいとされる髪の毛の明るさには違いがあるようです

JHCAでは企業の一般的な推奨レベルを6、7、8レベルと提案しています。具体的に職種別推奨レベル(明るさの上限としての提案)をご紹介します。

  • 接客サービス業
    女性:7~8レベル/男性:5~6レベル
  • 事務系
    女性:7~9レベル/男性:5~6レベル
  • 営業職
    女性:7~8レベル/男性:4~5レベル
  • 外回り(ノーネクタイ)
    女性:7~10レベル/男性:6~8レベル
  • クリニック(白衣着用)
    女性:6~8レベル/男性:5~6レベル
  • ブティック
    女性:6~13レベル/男性:4~13レベル

職種によってヘアカラーのトーンを選び、明るさを調整することも、職場で愛される秘訣の1つといえるでしょう。

引き続き、JHCAのレベルスケールを採用している企業をご紹介します(2006年情報)。

  • 日本航空:6レベルまで認可
  • ホテルオークラ(女性のみ):7レベルまで認可
  • 三越日本橋本店:7レベルまで許可
  • UFJ銀行:7レベルまで認可
  • コジマ(女性のみ):8レベルまで認可
  • プランタン銀座:10レベルまで認可
このように、企業によってふさわしいヘアカラーの考え方には違いがあるようです。ご自分の勤務先と比較するなどして、ご自分に合ったヘアカラー選びのご参考になさってみてはいかがでしょうか。

パーソナルカラーのタイプ別! 似合うヘアカラー・髪色

ヘアカラーの色選びは、明るさだけでなく、色みも大切です

ヘアカラーの色選びは、明るさだけでなく、色みも大切です

JHCAのレベルスケールはヘアカラーの”明るさ(暗さ)”の基準です。ヘアカラーの色は、千差万別。似合うかどうかは、色みの選び方も大切です。

まずは、パーソナルカラー診断で、どのようなヘアカラーが似合うのか、ご自分の傾向をチェックしましょう。ご自分のタイプがわからない方は、簡易診断をご覧ください。
似合わないヘアカラーの色は、肌や瞳の色と不調和をきたします。パーソナルカラーは、似合うヘアカラーの色選びの指針となるでしょう。

似合わないヘアカラーの色は、肌や瞳の色と不調和をきたします。パーソナルカラーは、似合うヘアカラーの色選びの指針となるでしょう。

パーソナルカラーの4つの基本タイプのヘアカラーの特徴をまとめましたので、ご参考になさってくださいね。

※参考文献:日本色彩学会誌 VOLUME28 研究活動報告『講演会 職場のヘアカラーを考える』
※色見本はあくまでも目安です。プラウザやディスプレイなどによって、見え方が異なります。

【ガイドからお知らせ】
ウェブアンケートを活用して、カラーリサーチを実施しています。匿名でご回答いただけますので、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事にて発表いたします。

2018年秋冬トレンドカラー、あなたはどの色がお好き?

ガイドの最新情報は、All About公認ガイドブログFacebookページTwitterをご覧ください。

【関連記事】
12星座別、2018年のテーマカラーと幸せになるヒント
パーソナルカラーで、賢く服を買い足しましょう
プロが教える、似合わない色をおしゃれに着こなす方法


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。