さつまいもご飯のお弁当レシピ!

所要時間:20分

カテゴリー:ご飯炊き込みご飯

 

さつまいもご飯のお弁当レシピ……やわらかくて甘い!

さつま芋は、栗よりやわらかいので、ごはんと一緒になったときに、栗よりもしっくりくると感じるのは、私だけではないと思います。 それに、種類によっては、栗より甘いし、面倒な皮を剥く必要がないのも嬉しいところです。 我が家で、秋一番に作る炊き込みご飯は、さつま芋ごはんです。
 

さつまいもご飯のお弁当の材料(4人分

さつまいもご飯のお弁当の材料
1と3/4カップ(米用カップで)
もち米 1/4カップ(米用カップで)
さつまいも 150g
大さじ1
小さじ3/4
昆布 粉だし少々(又は出し昆布3~4cm角)
白ごま 少々

さつまいもご飯のお弁当の作り方・手順

さつまいもご飯のお弁当の作り方

1:さつま芋ごはん

さつま芋ごはん
米ともち米をあわせてといで、ザルに上げて30分置く。さつま芋は皮付きのままよく洗い、1.5センチ角に切り、水にくぐらせて水を切る。 内釜に米を入れ、酒と塩と昆布の粉だしを入れ、水加減して混ぜる。さつま芋を入れて普通に炊く。弁当箱に詰めて白ごまをふる。
炊き上がりに、白ごまを混ぜてしまっても良い。

2:ひじきの煮物

ひじきの煮物
水で戻したヒジキ、細く切った人参、熱湯でゆがいて短く切った糸コン、小口切りにした竹輪、細切りした豚肉少々を、ごま油で炒め、材料の高さの半分程度までだし汁を入れ、砂糖、酒、しょう油で薄味に味付けし、汁気がなくなるまで煮る。 薄味にしないと、煮詰まった時に味が濃くなってしまうので、最初は控え目に調味料を入れてひと煮立ちしたら、煮汁をなめてみて、薄味だけど美味しいって位に調整する。

3:もやしと韮の炒め物

もやしと韮の炒め物
豚コマに、しょう油、酒、おろしにんにく、片栗粉で下味をつけてごま油で炒める。 もやし、韮を加えて炒め合わせ、酒をふりかけ、塩コショウ、しょう油、砂糖(隠し味なので少量)で味付けする。

4:ハムサラダ・胡瓜キムチ

ハムサラダ・胡瓜キムチ
スライスハムを四角に切り、スライス玉ネギ、せん切り人参各少々と一緒に、市販のイタリアンドレッシングで和える。きゅうりを1cmの小口切りにし、ザルにのせ、塩をふりかけてしばらく置く。 ボウルに移し、細切り人参、キムチの素、しょう油(あればナンプラー)少量を加えて混ぜる。

5:

さつま芋ごはん・もやしと韮の炒め物・ひじきの煮物・ハムサラダ・玉子焼き・胡瓜キムチ。

投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。