バレンタイン手作りチョコレシピ ラムボール

所要時間:45分

カテゴリー:チョコレートトリュフ

 

作って簡単、片付け楽々

バレンタインのチョコレートは決まりましたか。もし、まだであれば、手作りチョコはいかがでしょう。デパ地下スイーツに、負けず劣らずなラムボールは、コツいらずで、写真のような出来をお約束です。

お菓子作りは楽しいけれど、後片付けが面倒、という声を耳にします。確かに、美味しく出来上がった暁、キッチンに洗い物の山では、いささかテンションも下がります。また、他の家事と並行しての、お菓子作りでは、手のベタベタも気になります。そこで、そんな面倒を取り除いてくれるのが、メルマガコラム「ノグチの便利ワザ」でもおなじみの、ビニール袋。なんと今回は、1枚のビニール袋を、4工程(4つの便利ワザ)で使います。

バレンタインレシピ ラムボールの材料(3センチ・8個分

ラムボールの材料
チョコレート 70g(板チョコ1枚分)
カステラ 100g
生クリーム 大さじ2
レーズン (ラムレーズン)30~50g※量はお好みで。
ココアパウダー 適量 ※無糖使用。
くるみ 30~50g ※量はお好みで。
※ナッツ類はお好みで。くるみやアーモンドなど。※ビニール袋1枚、これで洗い物を極力少なく、手も汚れずに作ります。

バレンタインレシピ ラムボールの作り方・手順

ラムボールの作り方

1:

ラムレーズンを粗く刻みます。
レーズンが好きな方は、そのままでも。

2:

ナッツをビニール袋に入れ、袋の上から、麺棒でゴリゴリ、粗くつぶします。ナッツはフライパンで乾煎りすると、香ばしさがアップします。
【ビニール袋の便利ワザ1】 ナッツ類を粗く粉砕する場合は、ビニール袋にいれ、その上から、麺棒でゴリゴリつぶすと便利です。麺棒にナッツの油分がつかないため、使用後の洗浄も楽です。

3:

ナッツの入った袋に、さらにカステラを加えます。袋の上から、手で揉むように、細かくボソボソにします。
【ビニール袋の便利ワザ2】 カステラが飛び散らず、衛生的にほぐせます。

4:

大き目の耐熱ボウルに、砕いたチョコレート、生クリームを入れ、ラップをかけずに、電子レンジで約1分30~40秒、加熱します。ボウルを取り出したら、ゴムベラで滑らかになるよう、混ぜます。

レンジから取り出した段階では、チョコレートとクリームが分離しています。それを混ぜると、写真のような艶やかなチョコレートになります。

5:

ボウルの中に、ビニール袋の中身と、ラムレーズンを加え、良く混ぜます。※袋はまだ使うので、捨てないでください。

6:

タネを3センチの球形にします。ビニール袋を裏返し(中表)、手を入れます。適量、タネをとったら、丸めます。※袋はまだ使うので、捨てないでください。
【ビニール袋の便利ワザ3】 ビニール袋を手袋代わりに使います。袋を使えば、きれいな球形になります。

7:

丸めたタネを、冷蔵庫で30分程、休ませます。

8:

タネにココアをまぶします。ビニール袋をさらに裏返し(元通り)、ビニール袋にココアを入れ、袋の中で転がし付けます。
【ビニール袋の便利ワザ4】 袋の口を手で押さえながら、上下に振れば、キレイに手早く、ココアをまぶせます。ただし、この作業は面倒でも、1個ずつ行ってください。ココアが飛び散らないので、後片付けも楽です。

空き箱で簡単ラッピング

9:

市販のラッピング材料も、スペシャル感があって素敵ですが、実は家にあるものでも、手軽にラッピングを楽しめるのです。今回、使用の材料は、空き箱、レースペーパー、リボンのみ。ふたの部分をレースペーパーで包み込むだけで、出来上がりです。

その際、使用の箱にロゴなどがあれば、それを上手く隠してもいいですね(糊付けしても)。また、ペーパーには、ちょっとしたメッセージも書けるので、カード要らず。一石二鳥です。

ガイドのワンポイントアドバイス

チョコレートの種類(ビターやミルクなど)はお好みで。製菓用チョコレートを使わなくとも、おなじみの板チョコで、十分に美味しくできますよ。ラムレーズンは、製菓材料売場で見つかります。まぶしたココアは時間が経っても、見た目そのままです。中のしっとり感も持続するので、プレゼントをする1、2日前に作れます。小さいお子様が召し上がる場合は、ラムレーズンをマーマレードにかえたオレンジボールもおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。