新野菜青長茄子を食べる!焼きなすの作り方

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかず焼きナス

 

新野菜“青長茄子”を食す!

知り合いの農家から、長い青茄子をいただきました。 今回が初めての栽培で、もしも好評だったら、毎年作ることにするのだそうです。今日は、この茄子の一番美味しい食べ方だと言われる、焼き茄子にしました。普通の茄子より、かなり短時間で火が通ります。焼きすぎるとぐちゃっとした焼き茄子になってしまいますので気をつけましょう。

焼きなすの材料(3人分

焼きなすの材料
なす 青茄子3本
生姜 適宜(おろしたもの)
鰹節 適宜

焼きなすの作り方・手順

焼きなすの作り方

1:

茄子のヘタの辺りに、浅く切り込みを入れる。 ヘタは切り落とさない。皮をむきやすいように切り込みを浅く入れるだけ。

2:

焼き網で、強火で、転がしながらこんがり焼く。 一番太い部分を指でつまんで軽く押してみて、中に芯がなかったら焼けてる。グリルやオーブントースターでも焼ける。

3:

冷水にくぐらせてすぐ取り出し、指で皮をむき、適当な長さに切る。
水の中で皮を剥くと、茄子が水っぽくなってしまうので、取り出して剥く。焼き立ての熱々も、冷蔵庫で冷しても美味しい。

4:

おろし生姜や削り節を天盛りする。醤油をかけて食べる。
普通の茄子よりも、火が通りやすく、実がやわらかい青長茄子。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。