4月からの入園&入学を控え、そろそろ通園、通学バッグに悩む時期です。お裁縫が得意な人にとっては楽しいシーズンですが、苦手な人にとっては、まさに地獄……! いったいどうやって作ればいいのか見当もつかない方のために、同じくお裁縫が苦手なガイドが選んだ手作り本をご紹介します!

裁縫下手な母には「地獄」の入園準備時期

通園バッグ
ガイドお手製バッグ。機関車トーマスのワッペンをペタッと1枚。通園バッグは「ママに似合う」を基準にもつとさらによい
何を隠そう、ガイドは昔から家庭科の時間が大嫌いでした。もちろんお裁縫は苦手中の苦手です。手縫いでちくちく縫うのはまだなんとかなりますが、型紙を取ったり、はさみでまっすぐ布を裁ったり、ミシンでまっすぐ縫うことが上手にできません! ミシンで一応縫えるのは、雑巾くらいでしょうか。

子どもがいない間はそれでもまったく問題なく暮らしていましたが、子どもが産まれ、保育園やら小学校やらに入学するようになって、「母親がお裁縫を苦手にしていることは子どもにとって一大事なのだ!」と初めて思い知ることになりました。しかし、実母は私の高校の制服やウェディングドレスまで縫ったほどのお裁縫上手。そこで、しばらくは子どものものも、ほとんど田舎に住む実母に作ってもらっていました。時には宅急便で送りつけてまで!

でも、さすがに少しずつ気がとがめるようになってきました。子どもにも申し訳ないし、とにかく情けない!…ということで、長女が年中になる頃からは、「直線に縫えばいいもの」については、頑張って自分で作ってみることに。そのとき、私を助けてくれたのは、さまざまな「手作り本」でした。当時の本は、今では絶版になっているものも多いので、今回は、今、出版されている本の中から、「この裁縫下手なガイドでも縫える!」を基準に、手作り本を選んでみました。