保育園に「認可」と「無認可」があり、さまざまな違いがあることについては、今では広く知られるようになってきています。でも、幼稚園にも「認可」と「無認可」の園があることをご存じですか?幼稚園の「認可」「無認可」の基準はどんなもの? その違いは、どういったことなのでしょう?

幼稚園にも「認可」のための基準があります

保育園同様、幼稚園にも認可・無認可があります。その違いとは?
保育園が児童福祉法に基づいた「福祉施設」であるのに対して、幼稚園は「学校教育法」に基づいた「教育施設」。担当の役所も、保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省になっています。幼稚園の設置基準は、その学校教育法を元にした「幼稚園設置基準」に定められています。

たとえば、幼稚園の名称について。「幼稚園という目的にふさわしいもので、すでに地域にある幼稚園と同じ名前だったり、紛らわしい名前でないもの」というような基準があります。また、1つのクラスの子どもの数は原則35人以下、全園で3クラス以上あること、というような基準もあります。

ただ、幼稚園は3~5歳の子どもが来ることや、1日の保育時間は標準で4時間とされていることなどから、0歳からの子どもが1日8時間以上過ごす保育園とは、その基準がずいぶんゆるやかなものになっています。給食施設についても、幼稚園では設置するのが「のぞましい」とされているだけなので、施設がなければダメということにはなりません。さらに、保育料(授業料)についても、幼稚園が独自に決めて、それを保護者が直接園に支払うという決まりになっています。

こういった「基準」を満たした上で、その幼稚園がある自治体に認可を申請すると「認可幼稚園」になるわけです。認可幼稚園になると、国や自治体からそれなりの補助金が出ます。

あえて「無認可」のままでいる園もある

しかし、幼稚園の中には、独自のメニューで幼児教育をしたいといった理由から、あえて「無認可」のままでいる園もあります。無認可の場合には、正式には「幼稚園」という名称を使うことができません。「幼稚園に類似した施設」といった扱いになっています。自治体などからの補助金も出ないため、特色ある教育をする代わりに、授業料が高いことがあります。働く職員の側から見ても、認可園には出る補助金が無認可園では出ない分、賃金が安くなったり、福利厚生、研修制度などの部分が少なくなっていることもあります。