年々増加する単身赴任を選ぶ家庭

母と娘

単身赴任はどのように乗り越えていったらよいでしょう?

単身赴任者数は年々増加傾向にあります。「就業構造基本調査」総務省から単身赴任者とみなされる「配偶者あり単身者」の数をみると、2012年は約100万人となっており、10年前と比べて約2割増加しています。

この春からご主人が単身赴任になって、不安でいっぱいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

単身赴任がもたらす家族への影響は

お父さんに会えないと、情緒不安定になることも

お父さんに会えないと、情緒不安定になることも

父親が単身赴任になったことで、年齢に問わず、子どもは情緒不安定になります。小学生など小さい子どもの場合は、きつ音になったりするケースもあります。思春期の子どもの場合は、母親に対して反抗的な態度をとってしまうこともあります。そして、母親は子育てをひとりで抱えることになり、ストレスが溜まってしまう場合もあります。

また、父親が年に数回など、たまにしか帰省できない家族の場合、父親のいない生活に慣れてしまい、父親が帰ってきても、家族はどう接していいのかわからくなってしまったり、夫もせっかく戻ったのに、どうも居心地が悪く、居場所がないと感じる方もいるようです。

ですから、父親は、できるだけ頻繁に帰省するのが理想ですが、所帯が分かれ、生活費の面でも負担が大きくなっている上に、頻繁に帰省するということはなかなか難しいことです。

では、夫が単身赴任の家庭ではどんなことに気をつければいいのでしょうか。色々と努力が必要です。

単身赴任の家族が気をつけるポイント

■コミュニケーションを密に取る努力をする
夫婦間においても親子間においてもコミュニケーションをとることはとても大切なことです。離れていると、当然の事ながら、コミュニケーションをとることは難しくなってきますが、離れているからこそ、子どもの成長やその日の出来事、子育ての悩みやうれしかったことなど毎日、伝えることはとても大切なことです。

■離れていても、常に父親の存在を実感させる
「今度お父さんが帰ってきたら一緒にやろうね。」「今日の夜、パパにそれ教えてあげなきゃね。」と、離れていても、常に父親と心はつながっていることを子どもに感じさせましょう。

■父親は家族のために頑張ってくれていることを子どもに伝える
単身赴任になり、寂しい思いをしているのは子どもだけでなく、お父さんも同じであること、家族のために頑張ってくれていることを伝えましょう。

■父親が戻った時、日ごろの分も取り返すように親子のスキンシップを大切にする
スキンシップは、親子の心をつなぐ魔法のような力を持っています。しっかり抱きしめてあげてください。

■夫婦はお互いに頑張っていることを認め合い、感謝の気持ちを忘れない
お互い不満に感じることはあるかもしれませんが、夫も自分で洗濯など身の回りのことをし、家族のために頑張ってくれているということ、妻も父親の分まで子育てを一人で頑張ってくれているということにお互い感謝する気持ちが大切です。

>>>単身赴任のパパとのコミュニケーションツール