親子入浴は日本独特の文化

親子入浴

 日本では親子のふれあいの時間

世界的に大人気の宮崎アニメ「となりのトトロ」で外国人がギョッとするのが、親子の入浴シーンなのだそうです。父親と幼い姉妹の微笑ましいコミュニケーションの時間として描かれているこのシーンに、日本人の多くは何の違和感も持たないかもしれません。

アメリカでは、シャワーが主流なこともあり、幼児の入浴介助も同性の親が服を着て行うことが多いようです。小学生の女の子が「パパとお風呂に入っている」と作文に書いたら、性的虐待で親が逮捕されることも。 「風呂でのスキンシップは日本の文化だ!」「日本人はこれでいいんだ!」と、娘との入浴を楽しみにしているパパは思うかもしれません。でも「じゃあ、いつまでなら一緒に入れるんだろう?」というのも悩ましい問題ですよね。

ちなみに、「となりのトトロ」に出てくるお姉ちゃんのサツキの年齢設定は小学校6年生。アニメでは胸もぺったんこですが、リアル小学6年生は、乳輪の下から乳腺がしこりのようになってふくらみはじめ、性毛(陰毛)が生えてきて、月経も始まる頃です。

「ありえない!」と思いますか? それとも「ギリギリセーフ」?

「パパ風呂」卒業のタイミング

娘の「パパ風呂」卒業のタイミングは、小学校3~4年生頃が多いようです。女の子の第二次性徴の始まりは、早いと7歳、遅くても11歳頃と言われています。平均が9歳ですので、ちょうどこの頃に重なりますね。

女の子のからだの成長は、「乳房の発達」→「性毛の発生」→「初潮」→「腋毛の発生」→「皮下脂肪の増大」といった経過をたどりますので、「胸がふくらみはじめたら」「性毛が生えてきたら」というのが、卒業のタイミングなのでしょう。

しかし「娘のからだが変化し始める小学校低学年まではパパと一緒にお風呂に入ったほうがいい」ということではありません。パパと娘のコミュニケーションはお風呂以外でも取れますので、「パパ風呂」卒業が早い分には、問題はないようです。「パパ風呂」卒業は、当事者である娘、パパ、そしてママやきょうだいといった「家族の誰かが嫌がった時」だと思っておきましょう。

>> 「パパ風呂」卒業の3つのパターン