現代のママと、昔のお母さんが置かれている状況は全く違う

赤ちゃんはかわいいけれど、24時間365日体制はつらい

赤ちゃんはかわいいけれど、24時間365日体制はつらい

ワンオペ育児が辛い原因について考えてみたいと思います。「ワンオペ育児」とは、主に女性が一人で(ワンオペレーションで)育児・家事を担当することを指した言葉ですが、実体験がないとそれがなぜ辛いのか分からないかもしれません。

 急がば回れ。まずは社会的な時代背景をサラッと解説するので、ぜひ「現代のお母さんの気持ち」を追体験してください。

「男性は働き、女性は子育てと家事を担当するもの」

この「家庭内分業」がスムーズに受け入れられ、またそれが効率良かった昭和時代。今のママたちの親世代であるアラ還以上の世代の多くが、意識的・無意識的に取っていた方針だと思います。

この分業が成り立つことができたのは、景気が上向きで雇用は正社員がデフォルトであり、年々お給料が上がっていた終身雇用システムに依るといわれています。

今より庶民の格差がなく、「ふつうにコツコツ働いていれば」、結婚でき、子供をもうけ、マイホームとマイカーを持つことができた、物質的には幸せな時代です。

前述したように、私たちの親世代はこの価値観で生き、子育てをしました。

一方、現代の家庭は共働きが約6割。労働市場全体で非正規雇用者が約4割。終身雇用は過去のものとなり、「勤めていれば階段状にお給料が上がっていく」のは公務員や一部の企業、という現状です。

また、私たち世代(現アラサーからアラフォー)が就職したのは雇用機会均等法が施行された後のこと。オモテ向きは、就業において女性も男性も平等に扱われることになり、女性にとってのゴールが結婚一択ではなく、キャリア形成であったり、仕事上での自己実現であったりと、いわゆる価値観が多様化した世代でもあると考えられています。


女性が子供を生んだあとの違和感

責任はお母さんだけにある?

責任はお母さんだけにある?

こんな風に、時に男性と張り合いながら働いてきた女性たちが、結婚・出産したあとに、ふと気づく違和感があります。

それは「どうやら育児界では、母親の責任が岩より重い」こと。

そして、それに同調している人が圧倒的に多く、反発するのはせいぜい同世代の母親くらいだと。

出産という行為は女性しかできないことですが、子供を育てる行為は一定の大人であれば万人ができるはずです。

しかし、家庭内分業でうまくいっていた団塊世代(人口が多い)の成功体験からか、私たちの実母はおおかた、「育児=母親の仕事」という概念を強く持って疑いません。

その世代の「父親の背中を見て育って、パパになった男性」も、「育児=妻の仕事」という意識・無意識が根強く、残っています。本当に根強く。

また、時には団塊世代の母親の背中を見て育った女性も、同じ概念を持ちます。実は私も出産する前は、育児はお母さんの仕事でそれが当たり前のことだと思っていました(後述しますが、これは一種の呪縛です)。

しかし、自分が実際に就業し、仕事に打ち込み、自己実現のため、そのレベルを上げていく過程で、「出産」という本来喜ばしいことをしたはずが計算違い。

「母親たるもの主な育児者にならなくてはならない」という世間と実母から受け継いだ呪縛、そして母親は自己犠牲をすべきで、それが愛情だと解釈されるという、なんとも泥臭く、湿度の高い風潮が立ちはだかります。

なんでも外国と比べるのは気が引けますが、ヨーロッパ諸国と日本の育児観のギャップがすごい。あちらではフツーである「子供を預けて夫婦で外食」なんてしようものなら、炎上騒ぎになりかねません。


産後の肉体的危機と情緒不安定

産後うつはめずらしくない

産後うつはめずらしくない


さて、以上のような社会的背景のもと、いざ出産!すると、肉体と精神がガタガタであることが分かります。いわずもがな、高齢であるほど疲れは取れず、ホルモンの異常による人格不安定、昼夜続く授乳と下の世話による慢性的な睡眠不足。

赤ちゃんの命を守るため24時間体制で危険察知アラートが発動、ブラック企業もかくやという働きっぷりで、身体と心のスイッチを「オフ」にするヒマがありません(産後うつになるのも納得)。

次ページでは「ワンオペ育児の肉体的・精神的辛さ」と「パパができる対策法」について考えます。