子どもの噛みつきはどうすればいい?

子どもの噛みつきはどうすればいい?

悩みの種の一つ「子供の噛みつき」はどうすればいい?

我が子がお友達に噛みついたり、引っ掻いたりするので、悩んでいる、あるいは、お友達に噛みつかれたり、引っ掻かれたりするので悩んでいるという方、少なくないと思います。

そこで、なぜ子どもは噛みついてしまうのか、噛みつかないようにするにはどうすればいいのか。もし、噛みついてしまったらどうすればいいのか、などについてお話したいと思います。

噛みついてしまう原因は?

●言葉の代わりの意思表示として
噛みつくのには理由があります
子どもは自我が芽生えてくると「あれがしたい。これがしたい。」と、色々な欲が出てきます。また、お友達と関わりたいという気持ちも強くなってきます。けれども、言葉で自分の意思がうまく伝えられず、つい、引っ掻くことや噛みつくことで、自分の気持ちを表現したり、お友達と関わろうとすることがあるのです。

●甘えているときに遊びとして
子犬がじゃれるように、甘えている気持ちを伝えるために噛む場合もあります。

●喧嘩の時、攻撃の手段として
喧嘩の時、言葉の暴力や、たたいたり、蹴ったりという力の暴力などの攻撃の一つとして、噛む場合もあります。

噛みつきを予防するには?

●おもちゃの取りあいなどの場合
子どもたちが遊んでいるときは、目を離さないようにします。そして、おもちゃの取りあいが始まったときも、できるだけ見守り、噛みつきそうになったとき、2人の子どもを離します。そして、それぞれの子どもたちの言い分を代弁します。「Aちゃんは、このおもちゃ、使いたくなっちゃったんだよね」「でも、Bちゃんも、このおもちゃ、まだ使いたいんだよね」という具合です。

子どもは、大人が自分の気持ちを共有してくれることで、気持ちが落ち着き、引っ掻いたり噛みついたりしなくなる場合もあります。一度では簡単には、やめさせることはできない場合もありますが、根気よく、繰り返し行うことが大切です。

そうすることで、また、同じような場面に出会ったとき、お友達に攻撃しようとする前に、大人に視線を送り、自分の気持ちを代弁してもらうことを乞うようになり、だんだん噛みつかなくなって来る場合もあります。

●あいさつのつもりの場合
あいさつのつもりで、噛みついたり、引っ掻いたりする子もいるのです。大好きなお友達に、自分が幼稚園に来たことを知らせたくて、でも「おはよう」という言葉が言えなくて、噛みついてしまうのです。

そのような場合も、同様に、あいさつ代わりに噛みついてしまう子どもが登園して来たら、その子が、噛みつこうとする前に、一緒に、お友達のところまで行き「おはよう!」とあいさつしましょう。