気持ち(感情)を伝える方法が下手なために、つい物を隠すという行為で自分を表現してしまう場合があります。大人は善悪の理屈で「そんなことするのは悪いことでしょ!」とお説教しがちです。しかし気持ちの受けとめ方次第で子どもの態度は見違えるように変化していきます。

娘がたびたび他人の物を隠したりします

Q:7歳の娘が、たびたび他人の物を隠したりします。他人といってもとても仲の良いお友達の家の植木鉢や、逆に苦手なお友達の郵便物から勝手に郵便物を投げてしまったりします。娘の仕業とばれているのに「やっていない」と言い張り2人きりで静かに話をすると「やった」と認めます。なぜなのか?本人もわからないのか教えてくれません。「おもしろい」「楽しい」いたずらではないと言っています。娘は他人の持ち物がとてもよく見えたり、他人に対して憧れたり真似をする子です。どう対処したらよいのでしょうか。

自分を解って欲しいサインです

友達に言いたいことがいえない
そっちのお人形で遊びたいなぁー、でもなんて言ったらいいの?
A:親としては「人に迷惑をかけている事実」を発見すると、冷静な気持ちではいられません。つい「どうしてそんなことするの!」「人の物を隠すなんて悪い事でしょ!」「何回も注意させないでよ!」と怒ったり情けなくなったりしてしまいます。バレバレの状況なのに「やってない!」と言い張る子どもの気持ちとしては、自分で自分を守るしかないという断崖絶壁に追い詰められた心境なのです。落ち着いた頃にゆっくり話すと、自分のしたことを認めたり反省もしているのです。しかし「本心の気持ち」が納得して発散されていないと、その時は反省したつもりでも、何度も同じような注意をされる行動になりがちです。