子供はとにかく、いろいろな言い訳を考える

71-1iiwakesuruko

「なんて言い訳しようかな……」子供はいろいろな言い訳を考えます

何か問題やトラブルが発生した時、約束を守らなかった場合など、親はその理由を子供に尋ねたり、注意したりします。その時、「でも、」「だって、」「○○が△△って言ったから…」と、子供が言い訳ばかりすると、親はイライラしたり、どうすれば注意や助言が伝わるかと悩むことがあると思います。

「おもちゃを片付けなさいって言ったのに、何故こんなに散らかっているの?」
「だって、ボクは片付けているのに、弟が次から次へと出していったんだもん」

「どうして、いつまでもゲームをしているの?1日1時間って約束したでしょ!」
「明日30分にするから、今日、明日の分もしてるの」

「好き嫌いしないって言ったのに、お野菜ばかり残っているのは何故?」
「だって、野菜を後で食べようと思っていたら、お腹がいっぱいになって食べられなくなったんだ」等々、とにかく子供はいろいろな言い訳を考えます。

言い訳をする我が子にイライラし、「言い訳はしないの!」とつい大声で怒鳴ってしまう事はないでしょうか……。言い訳をする子供を変える親の関わり方をお伝えします。

子どもは護身のため、言い訳をする

発生した問題や、守らなかった約束に対し、親は何故、このような状況になっているのかと子供に尋ねます。

子供は、最初は正直に話すでしょう。
「片付けるのがめんどう」
「ゲーム面白くて、もっとしていたい」
「野菜は嫌い、食べたくない」
ですがその時、親に叱られると、その事を学習します。何度か繰り返されるうちに、子供はそれらを回避するために言い訳することを覚えてきます。

理詰めの指摘は、子どもを言い訳上手にする

言い訳は自分なりに理屈をつけて、その場を逃れようとするために考えるものです。

子供は親の言動を自分の中にファイルしていき、それが成長と共に、その子の感情、思考、行動を決める大きな要因の一つになってきます。

子供の言い訳に理詰めで対応すると、子供は理屈っぽく、更に巧妙な言い訳を考える事を覚えます。ですので、子供の言い訳や過ちを指摘する事が解決策ではない事を知っておいてください。

ではどのように関わっていけばよいのでしょうか。次に具体的な言葉のかけ方をお伝えします。


親の気持ちが、子供の心に届くような言葉がけをする

71-2iiwakesuruko

親の子供を思う気持ちや願いが届くように話してあげましょう


言い訳をよくする子供には、親の気持ちを伝えるように話すのがよいでしょう。例えば、
「弟と一緒におもちゃを片づけてくれると、ママ嬉しいわ」

「ゲームは1日に1時間って決めたでしょう。約束を守らないとママは悲しいわ」

「好き嫌いせず、健康で元気に育って欲しいと願っているのよ」と、親の気持ちや願いを子供の心に伝わるように話してみてください。

そうすることによって、更なる言い訳を考えるのではなく、親のアドバイスや注意に耳を傾けるようになるでしょう。


言い訳の原因を起こさない方法も考える

子供の気持ちに働きかけるのと同時に、やはり言い訳の原因を起こさないようにする事も考えなければなりません。

それには先ず子供の言い訳にも一旦は話に耳を傾けましょう。そして、その言い訳の原因を考え、それに対しての解決方法を子供と一緒に導き出すことも大切でしょう。

感情をぶつけて怒るのはNG

ここで決してしてはいけないのは、言い訳する子供に対し、頭ごなしに怒ったり、イライラする感情をぶつける事です。

「どうしてあなたはいつも言い訳ばかりするの!」「だっては違うでしょ!」と怒鳴られれば、子供は更にその状況を回避する為に言い訳をするでしょう。

※関連記事
恐怖を与える叱り方はなぜNG?効果抜群の叱り方は?


言い訳する子供は、親に愛されたい気持ちが根底にある

子供は「言い訳」をしている時点で、自分が何らかの叱られる事をしている自覚があるのです。そして、言い訳を考えられるくらい知恵がついてきたのです。

言い訳をする子供の心の根底は、親に良く思われたい、親に嫌われたくない、と言う気持ちがあります。もしかすれば、一生懸命、親に愛されたい、と思っているのかもしれません。そう思うと、言い訳をする子供が愛おしく感じますね。

言い訳をする子供には、理詰めで対応するのではなく、親の子供を思う気持ちや願いが届くように話してあげましょう。


※関連記事
「ありがとう」が自然に言える子供に育てる方法