「ありがとう」を自然に言える子は人間関係もうまく築きやすい

arigatouwoieruko1

親が「ありがとう」と言ってる姿を子供に見せ、家族で自然に「ありがとう」という言葉が出るようにするといいですね

私達が人に言われてうれしい言葉に「ありがとう」という言葉があります。「ありがとう」は集団や社会の中、人間関係を築いていくうえで、大切な役割を担っていると言えるでしょう。自然に「ありがとう」と言える子供にするには、親はどのようなことに気をつけて子供に関わればよいのでしょうか?

「ありがとう」と言う親の姿を見せる

子供は親の言動や物事に対する姿勢をよく見ています。日常生活の中で、親はどんな場面で、どのように「ありがとう」と言っているか、そのニュアンスや表情も敏感に感じ取って、子供の記憶にファイルしています。ですので、先ずは親が「ありがとう」という言葉を、生活の中で自然に使う姿を見せましょう。

「ありがとう」と言われた心地よさを体感させる  

arigatouwoieruko2

「ありがとう」と人から言われると、心地よいものです。その心地よさを子供にも体感させましょう

「ありがとう」と人から言われると、心地よいものです。その心地よさを子供にも体感させましょう。些細な事でも子供が何かをしてくれたら、「ありがとう」と気持ちを言葉にして伝えるといいですね。

また、簡単な家事などのお手伝いをお願いする、お友達におもちゃを貸してあげるなど、人から「ありがとう」と言われる状況や場面を作ることもよいでしょう。

「ありがとう」と言われて、嬉しい気持ちを伝える

子供が「ありがとう」と言ったら、「○○ちゃんにありがとうって言ってもらうと、ママとっても嬉しいわ!」と言葉にして、喜びを伝えましょう。大好きなママが喜んでくれることで、子供は何度も「ありがとう」を言いたくなります。また思いやりの気持ちや優しさも育まれるでしょう。

「ありがとうは?」と強要するのはNG 

「ありがとうは?」と、親が子供に強要している場面を時々見かけることがありますが、これはNGです。何故なら、親に促されなければ言えなかったり、「ありがとう」と言葉で言っても、心から感謝を感じていなければ、反対に無理強いされていることに、反発心が芽生えることもあるからです。

「ありがとう」は言葉ではなく、湧き上がる気持ち

「ありがとう」は心がともなってこそ、相手に伝わる言葉です。いくら言葉で「ありがとう」と言っても、表情が強張っていたり、声のトーンが暗かったりすれば、相手に感謝の気落ちは伝わりません。大切な事は、その言葉と一緒に、感謝の心を育むことです。

日常の有り難さに気づくと「ありがとう」の気持ちも育まれる

私達は、毎日繰り返し送っている日常の生活を「当たり前」と感じ、朝、子供が起きてくる、朝食を食べる、元気に登校する、これら全て、失ってからその「有り難さ」を実感することが多分にあります。

「ありがとう」と言える心を育むには、何かをしてもらった時にだけではなく、繰り返される日常の有り難さに気づき、言ってみるのもいいでしょう。

例えば子どもが元気に学校から帰宅してきた時「ありがとう!今、○○ちゃんが遅いから心配していたところなの、元気に帰ってきてくれて、ホッとしたわ、ママを安心させてくれてありがとう」このように子供に言葉をかけてみてください。

「ありがとう」は言うのではなく、湧き上がる気持ちを言ってしまうもの

目の前に、「あなた」がいることに喜び、「あなた」の存在そのものに感謝している気持ちを「ありがとう」の5文字で伝える事で、子供の心は満たされ、人にも同じように感謝することが出来るようになります。

「ありがとう」は言うより、湧き上がる気持ちを言ってしまうもの。親がそのような気持ちで日々子供に接していれば、「ありがとう」を自然に言葉にする子供に育つでしょう。


※関連記事
人間関係良好に!「折り合いをつけられる子」の育て方


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。