2歳児の「叩く」は、人への興味の表れ

不満そうな男の子

お友達を叩くからと言って、悪い子と決めつけてはいけません!

お友達を叩くので、遊びに出かけるのが苦痛に感じる。2歳のお子さんを育てる中で悩まれているママ、意外と多いのではないでしょうか。お友達を叩いている我が子を見て、「叩く=悪い子」と思ってしまいがちですが、叩くからといって「悪い子」になってしまったわけではありません。

子供が友達を叩くのは、人に興味が出てきた証拠。この「人への興味」は子供が成長する上で、とても大切なものなのです。「叩くのをやめさせる」というより、人に関わりたい気持ちを伸ばす時期ととらえてみましょう。

人に関わりたい気持ちを伸ばすママの関わり

お友達に近寄っていきなりパシッと叩く。相手の子は何も悪いことをしていないのに……。こんな場面を体験したことのあるママ、たくさんいると思います。子供の気持ちは「お友達と関わりたい」というシンプルなもの。もちろん悪気はありません。

お友達と遊びたい気持ちを、「叩く」という形で表現するのは、他の方法を知らないだけ。ママがその気持ちを汲み取り、まずは「一緒に遊びたいんだね」と共感してあげましょう。その上で、「一緒に遊ぼう」と言葉で伝えることや、お友達と仲良くなる方法を伝えて行きます。「叩く」の代わりのものを用意してあげるイメージを持つと良いでしょう。

共感するだけでお友達を叩かなくなるの?

子供の気持ちに寄り添ったり、代弁したりすることも大切ですが、共感してばかりでは甘やかしているのでは? と不安になるママもいると思います。もちろん、「叩く」というのは良くないこと。折に触れて、叩くのは良くないということや、叩くと痛いということを伝えておきましょう。

不快の表現としてお友達を叩いた際には、子供の両手を持って止め、毅然とした態度で「叩くのはいけないよ」と伝えます。子供がわかりやすいように、体の前で手でバツ印をして伝えるのも良いでしょう。

次ページでは、「痛みがわかれば人を叩かなくなる」という意見について、考えてみましょう。