依存と自立を行き来する子供の心

3-1amaetoamayakasi

子供が甘えてきた時は十分甘えさせてあげてましょう。甘えた子供ほど、将来しっかり自立するのです

誕生したての赤ちゃんは、親に依存して生きています。やがて成長とともに、100パーセントの依存から少しずつ自立していき、自分で食事を摂るようになり、トイレも一人で行けるようになってきます。このように行動が自立していく様子は分かりやすいのですが、心の成長はどうでしょうか。目には見えないので、なかなか分かりにくいですね。

実は子供の心は、「依存」「自立」を行ったり来たりしながら、 成長していくと言われています。

自立へ向かう中で必要な甘え

母親のお腹の中からこの世に生まれてきたとき、赤ちゃんは生活全てをお母さんに「依存」しています。お腹がすけばオッパイがもらえ、オムツが濡れて泣けば、取り替えてもらえる。その状況は子供の心を安心させるとともに、親に甘えている状態であるとも言えます。

子供はこの「安心「甘え」の中で成長していくのですが、しだいに別の気持ちが芽生え始めます。

親に依存していることは安心ではあるけれど、そこには「自分の思い通りにできない」という「不自由」を感じ始めます。そうすると、子供は親から離れ、何でも自分でやってみたくなります。これが言い換えれば「意欲」です。

親から見れば、まだまだ一人ではできないのに、自分でスプーンを持ってご飯を食べようとしたり、服の着替えに手を貸せば、「自分でする!」と言って、親の援助を断る時期がありますね。自立への一歩を踏み出しているわけです。

この頃が2歳前後のいわゆる「イヤイヤ期」「第一次反抗期」と言われる時期です。

そしてこの「自立」の世界で生活している子供は、やがてまた別の気持ちを抱きます。それは、「不安」です。一人でできると思っていたことができなかったり、お母さんから離れていることに、寂しさを感じたりし始めるのです。

すると子供は以前、親に依存していた世界に戻ってきます。それが「甘え」です。そして充分に親に依存し甘え、安心すると、また不自由感を抱き、自立しようとするのです。


子供の心は螺旋(らせん)を描くように自立していく

このように、子供の心は「安心」と「不安」、「依存」と「自立」の気持ちを行ったり来たりしながら、少しずつ成長し自立していくのです。

子供が甘えてきた時は、しっかり甘えさせてあげてください。ここで「いつまでも甘えちゃダメ!」と言って、突き放してしまうと、子供は「一旦、ママから離れると二度と受け入れてもらえない」と感じ、いつまでも自立しようとしなくなります。

ですので、しっかり子供の心を受け止め、甘えさせてやることが大切です。そうすることによって、子供の心は螺旋(らせん)を上向きに描くように、ドンドン自立していくのです。

では「子供の要求を全て、親は聞き入れればよいのでしょうか」というと、そうではありません。「甘え」は子供を成長させますが、「甘やかし」は将来子供をダメにしてしまいます。

「甘え」と「甘やかし」をどう見分ければ良いのでしょうか。次の2つのことを参考にしてください。


>>> 甘えと甘やかしの見分け方