お友達トラブルが絶えず、遊びに行けない!

ミニカーを並べる男の子

2歳児を遊ばせるのに、疲れていませんか?

何に対しても「イヤ」というイヤイヤ期。この時期、とっても苦労することの一つに、遊び場の確保があげられます。遊びに出かけたら、お友達を叩いて周り、ママは子供をつかまえに行って謝って歩く。遊びに出かけてリフレッシュのつもりが、帰ってきたらぐったりと疲れてしまった……そんな話もよく耳にします。とはいえ、「遊びに出かけるのが大変」という理由で家で過ごす時間が増え、2人でイライラ。子供の体力も余って寝付きが悪い……というのは避けたいですよね。

2歳になると歩行も安定し、体力もついてきます。色々なことに興味が広がり、遊ぶことが楽しくてたまらないお年ごろ。それと同時に、お友達との「関わり」を育む時期なので、多少のストレスもつきものです。子供のエネルギー発散と心の成長のバランス。2歳児の遊びは、この2つが満たされるように、工夫するのがポイントです。

のびのび遊ばせたい時の遊び場選び

子供が持つ「遊びの欲求」を満たすために、児童館や支援センターを利用するなら、人の少ない時間を狙うのがオススメです。児童館や支援センターの利用には波があります。利用者が少ない曜日や時間帯がありますので、スタッフの方に事情を話して、人の少ない時間帯を教えてもらうのも良いでしょう。長い時間遊べなくても、思い切り自由に遊べる時間を持つことは、子供にとってストレス発散にもなります。

そして、公園の場合は朝早くがオススメ。誰もいない所でのびのび遊ぶことで、子供の遊びが満たされます。たまには「順番」を気にせず、好きなだけブランコに乗せてあげられると、ママも嬉しいですよね。ママの心に余裕がない時、子供に向き合うエネルギーが無いときには、無理する必要はありません。時間帯や場所を選ぶなど工夫をしてみましょう。

お友達との関わりはママのサポート付きで

そして、「人との関わり」を伸ばすためには、やはりお友達と遊ぶ体験も欠かせません。児童館や支援センター、子供が集まる所に行くと、同じ位の月齢のお友達と会うことができます。子供同士、刺激をしあうのはとても良いこと。しかしながら、イヤイヤ期の場合、お互いに「いや!」「ダメ!」と言い合うため、ママの関わりは必須です。いつお友達を叩くかはわからない、おもちゃのトラブルが多いという場合は、つきっきりで過ごしたほうが安心。ママの心が元気な時に、「今日は付き合うぞ!」という気持ちで望むと良いでしょう。

2歳児は同じ空間にいても、それぞれ別の遊びを展開する「平行遊び」の時期。まだまだ子供同士でのやり取りは未熟なため、おもちゃの取り合いや、お友達を叩いてしまう等、トラブルが多くなります。子供同士の関わる力を伸ばすためにも、ママが間に入って「通訳」になってあげると良いでしょう。我が子の気持ちを汲み取り、相手の子に伝えてあげる。相手の子の気持ちを代弁して、お子さんにわかるように伝えてあげる。子供の橋渡しをするようなイメージで関わると良いでしょう。

また、おもちゃを貸して欲しい時は「かして」、ブランコを使う時には「順番」、悪いことをした時には「ごめんね」等。一連のやり取りを、大人が見せてあげることで、お友達と関わる力がぐっと伸びます。子供に言うように促す前に、まずはママがモデルになってあげると良いでしょう。

子どもの成長をサポートしつつ、ママのケアもお忘れなく!

2歳児に付き合うのは、体力も気力も必要です。いつも頑張り続ける必要はありません。ポイントをしっかりおさえて、関わりにメリハリをつけることも大切です。昼間たっぷりお子さんに付き合った後は、ママのための時間。自分のケアもお忘れなく!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。