子どもが書いた字は、まずほめる

もちろん、文字に興味を持ち始め、練習したいという子どもは、どんどんさせてあげれば良いと思います。その際、気を付けることは、間違った書き順や間違った字を注意する時、厳しく言わない様にしましょう。せっかく子どもが自ら勉強する気になっているのですから、「頑張って書いたね」などと、まず、書いた字をほめてから、間違っているところを直してあげましょう。

駅の名前や、看板、ポスターなど、目についた文字を読んであげ、文字と親しくなりましょう。

普段の生活の中で自然に文字に親しむ

練習したいと言わないまでも、文字に興味を持っている子どもには、子どもが絵本を読むのを聞いてあげたり、パパにお手紙を書いてみようと声をかけてみるのもいいですね。

また、文字にまだ興味を持っていない子どもに対しても、絵本を読んであげたり、お出かけの時、駅の名前や看板、ポスターなど目についた文字を読んであげたりして、生活の中で自然に文字に触れる機会は多く持つようにしたいですね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。