保険料控除の仕組みを押さえよう

年末調整で処理ができる所得控除の中でも、今回は「保険料控除」について解説します。具体的には、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除、小規模企業共済等掛金控除の申告方法や注意点についてです。

社会保険料控除とは

社会保険料は基本的には給料から天引きされている

社会保険料は基本的には給料から天引きされている

社会保険料控除とは、社会保険料を支払った場合に受けられる所得控除です。

そもそも社会保険料とは次のようなものです。

・健康保険、国民年金、厚生年金保険及び船員保険の保険料
・国民健康保険の保険料又は国民健康保険税
・介護保険法の規定による介護保険料
・雇用保険の被保険者として負担する労働保険料 など

自分で支払った社会保険料は申告しないと控除を受けられない

社会保険料は、給与所得者であれば基本的には給料から天引きされます。

源泉徴収後の手取りの中から社会保険料を支払っているケースや、本人と生計を一にする親族の保険料を支払ったケースでも対象になります。例えば、子どもの国民年金を支払った、あるいは(健康保険の被扶養者に入れない)奥さんの健康保険を支払った、などという場合です。

ここでポイントとなるのは、手取りの中から支払った社会保険料は、毎月の給料明細に計上されていないということです。年末調整で申告しないと、実際に適用が受けられる分よりも少ない社会保険料控除で税務処理されてしまうのです。

また、「過年度分未納になっていた国民健康保険を就職を機に支払った」というような場合も、手取りの中から支払っているパターンですので、しっかり勤務先に伝える必要があります。

転職期間中に支払った社会保険料も忘れずに申告を

また、年の途中で会社を辞め、転職期間を経た後、新しい勤務先に就職したケースも要注意。社会保険料控除の適用漏れが起こる可能性があります。

転職期間中に支払った社会保険料は、転職前の勤務先も転職後の勤務先も把握していません。会社に勤めていない期間中に支払った保険料は、再就職後、年末調整で本人から申告をすることではじめてきちんと処理されます。

社会保険料控除の記入方法

社会保険料控除を記入する書類は「保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」。記入箇所は下記様式の右下にある社会保険料控除という欄です。
平成29年配偶者特別控除申告書兼保険料控除申告書フォーマット(出典:国税庁)

平成29年配偶者特別控除申告書兼保険料控除申告書フォーマット(出典:国税庁)


給与天引きされている社会保険料については、既に源泉徴収により社会保険料控除の処理がされているので、記入する必要はありません。社会保険料控除は支払った金額が全額控除の対象にできますので、きちんと申告しましょう。

次は、生命保険料控除の注意点についてみていきましょう。