1ヶ月前~2週間前

1: 転居先の間取り図を入手
できれば早めに転居先の間取りを入手したいところです。転居先に家具が入るかどうか、最終的に持って行くべき荷物が選定されるでしょう。

2: 引越し業者への見積もり依頼
1ヶ月前には引越し業者への見積りを取りましょう。インターネットの一括見積りも便利ですが、荷物の多い場合は訪問見積りを受け、正確な見積り料金を出してもらいましょう。“見積り”とはだいたいの数字ではありません。提示された見積り料金は、サービス内容が変わらない限り、変更されることはありません。

3: ダンボール、包装紙、新聞などの収集
ダンボール箱●●箱無料!という宣伝文句もありますが、すべて自力で集められるならばこのサービスを断って、料金割引を交渉してもいいかも。ただし、書籍や食器類は重いため大きなダンボールより小さめで頑丈なものが必要です。また大きな引越しの場合は、自力ですべて集め切れない可能性もありますのでご注意を。

4:使用頻度の低いものから荷造りを開始
荷造りは使用頻度の低いもの、たとえばシーズン外れの電化製品や衣類、日常使いでない食器、書類や書籍類などから始めましょう。

次のページでは、2週間前~引越し前日にやるべきことについてチェック!