レンタカーでお引越しを考えている方へ、不安解消のためにガイドが上手な積み込み方法をご案内します。

レンタカーを借りたものの、うまく積み込めずに何度も往復しなければならなかったなんて話を良く聞きます。引越し作業の現場を見ていると、「さすがプロ」なんて感心させられるくらい、上手に荷物を積み込んでいるものです。体力に自信があるだけでは、プロも顔負けとまではうまく引越しが進まないものです。この記事を参考にして頂いて、是非プロ顔負けの積み込みにチャレンジして下さい。

さて、トラックへの積み込みですが、まずダンボール類を運びます。ダンボールは上に少し隙間が開くように積み上げ、その上に箱に入らなかった細かいものを詰めていきます。

ここで大事なのは最後にきれいに壁になる事。立体パズルの要領です。半端なダンボールが出たら、背の低い家具を積んで、その上に載せたりして、しっかりと壁になるように積みましょう。

いくつかのダンボール類を残して壁が出来たら、背の高い家具や冷蔵庫を壁にあわせて積んでいき、隙間が出来たら板や布団などで隙間をきっちり埋めましょう。

最後に家具が倒れないように洗濯機や布団袋などで抑えて終わりです。

上手に積めない場合は全体を低く一定の高さにして、崩れないようにする事が大事です。無理をせず2度に分けるなどするのも安全の為に止むを得ないと思います。下の図を参考に頑張ってみて下さい。