週末になるとモデルルームや住宅展示場は大賑わい。クリスタルにきらめくゴージャスな室内……、まるで新生活のバイブルのようです。

でも実際、引越しや新生活準備での出費がかさんだあと、モデルルームレベルのインテリアには手が届かない、そんなもどかしさを感じている方もいるのでは?

総額1000万円を超えるモデルルームも出現!?

モデルルームは、インテリアコーディネータが潤沢な予算を使い、マンションのコンセプトにあったものをセンスよく選別するところ。プロの力を最大限に活かし、数年先を見越した空間に仕上げているので、モデルルームのインテリアが素敵なのは、当然のことかもしれません。
引越し、モデルルーム
こんなシャレたうちに住んでみたいなあ。(画像はイメージです。本文とは関係ありません。)

また、最近ではマンションの高級化も進み、モデルルームも目覚しく進化。「今やモデルルームは『イベント!』」と言い放つ不動産関係者もいるほど。大型マンションのモデルルームでは、100名を超えるアドバイザーや販売員を抱えるところも。モデルルームを豪華にみせるため、物件によっては、1000万円以上の家具や調度品を設えているモデルルームも出現しています。

豪華な家具は、どうなるの?

「マンションの販売が終わると、業者はすぐにモデルルームの撤収を始めます。モデルルームは、借地あるいは、マンションの建設予定地。少しでも早く明け渡すと、莫大なコストが削減できるのです。そのことを考えると利用済みのインテリアなどは、あまり重要視されていないようです。」とは、ある不動産関係者。

また、高級なマンションのモデルルームほどブランド家具を使うものの、再利用を好まない傾向にあり、思い切って処分に踏み切るとか。ますますモデルルームの展示品の行方が気になるところです。

引越し、お新古市場、倉庫
展示品が首都圏郊外のこんなところに?

次のページは<<ニッチをついた、新しいビジネスで人気を集める「お新古市場」