引越しが決まると気持ちだけが急いで、あっという間に引越し日が迫ってきた! というのはよくあること。無理のないスケジュールを立てて、引越しが決まったその日から少しずつ準備を始めてみましょう。

まず、引越しが決まってから当日までのチェックリストをご紹介。各項目の内容について、チェックリストの後に詳しくお伝えします。

引越し準備チェックリスト

■引越しが決まって~1ヶ月前
1:引越しの日程を決定
2:住宅や駐車場の貸主、管理人に連絡
3:学校への連絡
4:不用品の処分
 
■1ヶ月前~2週間前
1: 転居先の間取り図を入手
2: 引越し業者への見積もり依頼
3: ダンボール、包装紙、新聞などの収集
4:使用頻度の低いものから荷造りを開始
 
■2週間前~1週間前 その1
1:転居通知の用意
2:郵便局への転送届出
 
■1週間前~前日
1:新聞営業所変更の連絡
2: 引越しの挨拶品の用意
3: 家賃の清算
 
■前日
1:エアコン、照明器具の取り外し作業の立会い
2:冷蔵庫、洗濯機の水抜き
3:灯油の処理
4:ご近所、管理人さんへの挨拶
5:ダンボール箱数の確認
6:手持ち品の確認
 
■当日
1:当日まで使用していたものの荷造り
2:引越し作業員と打ち合わせ、作業確認
3:公共料金、新聞購読料の清算。ガス閉栓の立会い
4:引越し料金の精算
5:転居先での挨拶
 
■翌日
1:行政への届出
2:自動車の登録変更手続き
3:免許証の住所変更手続き


それぞれのチェック項目について、詳しくご紹介します! まずは引越しが決まってから、1ヶ月前までにやるべきことからチェックしましょう。

 

引越しが決まって~1ヶ月前

引越し、作業
これからの長い道のり、一歩ずつ進んできましょう!
1:引越しの日程を決定
仕事の引継ぎや学校の終業日、賃貸契約期間を考慮した上でベスト日を決定しましょう。引越し日によって料金が異なることもあるので、希望日は2つか3つ考えておくといいでしょう。

2:住宅や駐車場の貸主、管理人に連絡
まずは、契約書を確認して退去する日の何日前までに連絡しなければならないかを調べます。すでにその日を超えていた場合は早めに連絡をして、二重に払う家賃を少しでも抑えましょう。

3:学校への連絡
引越しが決まったら担任の先生に連絡をします。現在通学している学校へ転退学届を提出すると在学証明書等の書類が交付されます。それらを新しく通学する市区町村へ届け出、就学通知書をもらいましょう。
※手続きについては市区町村によって異なりますので、直接連絡を。

4:不用品の処分
引越し先に持っていく荷物が選別できたら不用品の処分に移りましょう。フリーマーケットに出品したり、中古用品を買い取ってくれる業者に引き取ってもらうのも手。処分ができないものに関しては、市区町村にある粗大ごみ受付センターに申し込みましょう。

エアコン、テレビ(ブラウン管式)、冷蔵庫及び冷凍庫、洗濯機、パソコンに関しては、家電リサイクル法等に基づきリサイクル料金を支払って、販売業者やメーカー、家電リサイクル受付センターに処分を申し込みます。数週間ほどの時間を要するものもあり、早めに処分のメドを立てておきましょう。

次のページでは、1ヶ月前~2週間前にやるべきことについてチェック!