白百合学園小学校合格、かかったお金

白百合学園小学校に合格したFさんの場合は、年長の春から自宅でドリル学習を始め、5月から体操教室に、9月下旬~10月まで個人の幼児教室に通いました(それぞれ週1回)。かかった費用は、ドリルが1冊2,000円、体操教室の授業料は月8,000円、幼児教室は計10万円ほど、模試は1回1万5,000円(10回)、母親の面接用服が7万円(丸襟のツーピース)。白百合学園のほか2校出願。準備費用はトータルで50万円ほどかかっています。
 

日本女子大学附属豊明小学校合格、かかったお金

日本女子大学附属豊明小学校に合格したGさんの場合は、年少の冬から大手幼児教室に通いました(年少週1回、年長週2回)。年長のときにかかった費用は授業料、ドリル代(教室で販売されているもので1冊1,000円以内、数十冊購入)、夏期講習、模試(12回)等で計150万円ほど。願書用写真1枚1万5,000円。受験用の服として4万円ほど(半袖ワンピース・長袖ボレロで3万円、運動用のキュロットスカート・ブラウスで1万円)。母親は夏の学校説明会用で半袖と長袖のアンサンブル、受験面接用のスーツで計23万円。2校受験。トータルで180万円ほどかかっています。
 

東洋英和女学院小学部合格、かかったお金

東洋英和女学院小学部に合格したHさんの場合は、1年間大手幼児教室に通いました(週2回・3コマ)。かかった費用は授業料、模試(1回15,000円・20回ほど)、ドリル代を含め月平均15万円ほど。このほか夏期講習が40万円。トータルで250万円ほどかかっています。

(すべて情報誌「お受験じょうほう2009年度版」「小学校受験情報2008年度版」より)

小学校入学後にかかるお金 >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。